写真
杉本達宏くん
東進ハイスクール高円寺校
出身校:筑波大学附属駒場高等学校
東進入学時期: 高2・3月
所属クラブ: 卓球部 部長
引退時期: 高2・9月
この合格者の関連キーワード
この体験記は
参考になった! ★★★★★ 12
東進で始めた国語対策と過去問演習講座
 地道に努力した結果が実を結んで、ほっとしています。僕は東進には高2の3月から通い始めました。主な科目は高1の頃から他塾に通っていたので、通い始めたのは普通の東進生よりも遅めだと思いますが、少しでもこの体験記がお役に立てば良いと思います。

 僕が東進に通い始めたきっかけは、それまで完全に放置していた国語の受験対策を始めるためでした。英語、数学、理科に関しては他塾で基礎を固め終わった状態でしたが、国語は学校の期末試験前日に適当にノートを見返すくらいの勉強しかしたことが無かったので、センター模試等でも結果は惨憺たるものでした。これはまずいと思い、東進で𠮷野先生の古文の授業を受け始めました。6月に𠮷野先生の授業を受け終わってからは現代文の東大特進コースの授業を受け始め、現代文の問題の解き方の基本を教わりました。林先生の授業は現代文の授業なのに数学的というか、論理的に突き詰めていく感じで、それまでの現代文に対する自分のイメージとは全然違っていました。僕自身中学受験から中学、高校にかけて現代文は得意だと思っていたのですが、フィーリングで解く自分の解き方の危なっかしさを知り、本番での確実な得点につながったと思います。

 また直前期は過去問演習講座を活用しました。過去問演習講座の良いところは、採点スタッフに採点してもらえることももちろんなのですが、過去問演習のペースメーカーとして使えるというところにあると思います。サボりやすい性格なので、解答用紙を印刷して、解いて、担任助手の方に提出し、採点結果をPOSで見るという一連の流れがあることで、サボらず間隔を詰めすぎることもなく、いいペースで過去問演習ができたと思っています。

 今後は工学部の建築系か土木系に進み、将来は設計の仕事に携わりたいと思っています。自分の夢を叶えるべく、大学生活を有意義に使いたいと思っています。

合格データ
Q 担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
苦手だった化学の教材を紹介していただきました。
      
Q あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
東大本番レベル模試
      
Q グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
受験勉強漬けの毎日の中で、息抜きとしてとてもよかったです。
      
Q 東進のおすすめは?
実力講師陣


Q おすすめ講座
【過去問演習講座 東京大学(理科)】
過去問演習のペースメーカーとして有効。

      
今年も多くの生徒を現役合格に導いた
本当に学力を伸ばす東進の学習システム、その秘密は資料請求で!
 東京大学の合格体験記
合格体験記トップへ
【国公立大】
    
【私立大】