2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

千葉大学
医学部

no image

写真

平井啓裕くん

東進ハイスクール渋谷駅西口校

出身校: 麻布高等学校

東進入学時期: 高3・4月

東進のおかげで、思い残すことなくやり切れた

 東進には高3の4月に入学しました。入った当初の目的はセンター国語対策の講座を受けることでした。1学期は週1~2のペースで受講し、夏休みに入ってから、センター模試までに集中受講しました。しかし、夏休み中までには終わらず、2学期は再び週1~2のペースに戻り、全部受講し終えたのは12月の中旬でした。漢文は覚えることも少なく、夏休みの時点でセンターレベルは完成したものの、古文は単語や文法の量が多くてなかなか点数が上がりませんでした。しかし古文も英語と同じように音読を続けたところ、センター直前期に急激に上がりました。現代文は林修先生の授業の通りに、間違えた理由を分析し、自分の思考過程を修正するという作業をしていました。

東進でもう一つ大きくお世話になったのは自習室でした。夏休みは朝から夜までずっと、学校があるときは放課後すぐに東進へ向かい閉館まで勉強していました。自分の家ではだらけてしまって勉強できなかったので本当に助かりました。勉強のやる気が出なくてもとりあえず東進に行けば勉強するという意識を持てたのは、とても大事なことだったと思います。

グループ・ミーティングでは、友達と受講状況の確認や模試結果の報告を行い、問題を解いたりしました。友達が勉強を頑張っている姿を見ると、刺激を受けて勉強をする励みになりました。僕は11月の模試での成績が悪く、非常に落ち込んで脱力感も感じていたのですが、周りの東進の友達が勉強に打ち込んでいる姿をみて、休んでいる場合ではないと気持ちを奮い立たせることができました。

高三の一年間での勉強を振り返って、東進のおかげで、思い残すことなくやり切れたと自信を持って思うことができました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

 千葉大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3

友達にシェアする