2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1442人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
環境情報学部

no image

写真

大村昇平くん

東進ハイスクール川越校

出身校: 川越高等学校

東進入学時期: 高2・8月

過去問演習講座で何度も添削してもらいました

 私が東進に入学したのは高校2年生の8月頃です。私が東進を知ったきっかけは、高校で私が所属していた部活の先輩の紹介です。私が所属していた部活はサッカー部で、最低でも9月の終わりまでは週に6回の活動がありました。私は最後まで部活を続けたかったので、自分の好きな時間に授業を受けることができる東進の映像の授業が最も適していると思い、入学することに決めました。

私が受けた東進の講座の中で特に受講して良かったと思っているのが、過去問演習講座です。過去問演習講座は、志望校の過去問を解き、その解説授業を見ることと、自分の解答を添削してもらうことができる講座です。私の第一志望校の慶應義塾大学の入試科目には小論文があり、最初は何を書けばよいのかまったくわかりませんでした。しかし、過去問演習講座で何度も添削してもらううちに、小論文の書き方をみにつけることができました。はじめはまったくできなくても、添削を繰り返すうちにできるようになるので、私は過去問演習講座をおすすめします。

講座のほかにも東進に入ってよかったと思うことがあります。それは、担任助手の先輩方が大勢いることです。私は多くの先輩におせわになりましたが、特に同じ高校のサッカー部の先輩方にはお世話になりました。その先輩方も最後まで部活を続けていたので、私の受験に関しても参考になる多くのアドバイスをしていただきました。担任助手と生徒の距離が近いため、自分の担当ではない担任助手の方にも質問等ができたのは非常に役に立ったと思います。他にも東進模試を受けて自分の勉強計画を見直すことができたのは良かったと思います。私は部活が忙しくてセンター試験本番レベル模試しか受けることができませんでしたが、より多くの模試を受けることをおすすめします。

今の私には、将来の夢はありません。将来の夢が見つかるまでは、与えられた環境で精一杯やることを心がけていきたいと思います。これから大学受験をする皆さんも夢がなくても目の前のことに一生懸命頑張って下さい。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
部活に所属していましたか?
A.

No

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

自分の好きな時間に授業を受けることができる東進の映像の授業が最も適していると思い、入学することに決めました。

 慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 2

友達にシェアする