2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1441人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

明治大学
商学部

no image

写真

戸田有咲さん

東進衛星予備校渕野辺校

出身校: 大妻多摩高等学校

東進入学時期: 高2・9月

所属クラブ: テニス

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

「やっておいてよかったこと」と「やっておいたほうがよかったこと」

 私は高校2年生の秋に東進に入りました。きっかけは友達が少しずつ塾に入り始め、私も……という単純な理由でしたが、その頃から受験勉強について真剣に考え始めたように感じます。私にとって受験期間はとても長くつらいものでした。しかし、今振り返って見ると、自分のことを真剣に見つめ考えることのできる貴重な時間になったように感じます。

さて後輩の皆さんに私から大きく分けて2つのアドバイスがあります。1つ目は「やっておいてよかったこと」。2つ目は「やっておいたほうがよかったこと」です。まず、私がやっておいてよかったと思ったことは東進のカリキュラムで、夏休みにセンターの過去問演習講座があります。そこで、苦手だった日本史をセンターレベルの範囲だけでも繰り返し行い演習することで、日本史の基本的な知識と、俯瞰的な知識(この日本史を俯瞰的に見る知識が重要です)を養うことができました。

2つ目のやっておいたほうがよかったことですが、それは、赤本をできるだけ早いときから研究することです。これは、学校の先生や東進の方にも言われていたことでしたが、実行に移すのが私は遅かったように感じます。自分で項目を決め、それに沿って自分が受験する大学の過去問を調べリスト化すると、より良いと思います。項目の一例を挙げると、1マークか記述式か、2長文の数、3時間、4文法問題の有無、5漢文古文の有無、6史料、地図、写真の問題の有無などです。他にも過去問からわかることは多くあります。これらを、時間の無駄だと感じずに、丁寧に調べていくことが大切だと思います。赤本の最初の各科目別の講評のページに目を通すだけでもぜんぜん違います。

最後につたない文章ですが、読んでいただきありがとうございました。後輩の皆さんの合格をお祈り申し上げます。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 センター対策 】


【 英文読解―論説文(700語レベル)― 】


 明治大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3

友達にシェアする