写真
伊佐碩恭くん
東進東大特進コース
出身校:開成高等学校
この体験記は
参考になった! ★★★★★ 3833
とにかく早く勉強を始める まず一度終わらせてしまうことが合格のカギ
 ライバルと競い合ったり、自分の実力を試したりすることが好きで、全国統一小学生テスト、中学生テスト、高校生テストを受験しました。規模が大きい試験なので、モチベーションも高まります。東大の入試本番はとても緊張しましたが、終わった後の手応えがありました。

 高3の夏から秋にかけてモチベーションが落ちてしまいましたが、特進の担任助手の方に、受験前のモチベーションについてアドバイスをもらいました。「大学受験の勉強は今しかできない。合格するまでしかできないのだから、つらいと考えるのではなく、最後まで勉強との別れを惜しむように楽しめ」ということでした。

 東大特進では、林先生の現代文、長岡先生の数学、苑田先生の物理、宮崎先生の英語を受けました。やはり林先生の講義は興味深かったです。現代文の正しい読み方を理解することができました。きちんと理屈にのっとって文章は成り立っていること、現代文を勉強するにあたっての基本姿勢なども学びました。長岡先生の数学はとてもおもしろかったです。はじめにテストをして、点数などが公表されたあとに解説をしてくださるので、対戦形式のような感じでとても楽しみでした。長岡先生の微積分の解説で、感動したこともありました。苑田先生の物理は、本質的なことから学べました。ごまかしのきかない科目を、きちんと学ぶことができました。宮崎先生の英語は、英語好きにはたまらない講義だったと思います。受験にとどまらないお話を聞くことができました。

 好きな科目は数学と化学でした。後輩の皆さんにアドバイスできることがあるとすれば、「とにかく早く始めること」です。これにつきます。初めて学ぶときよりも、一度学んでから接した方が、格段に理解力は上がります。気持ちに余裕を持ち、自信を持つためにも、まずはひととおりやるべきことを終わらせてしまうことをおススメします。ひととおり終えたあとは、趣味の時間も作りながら、勉強を楽しんでいけばいいと思います。僕はプログラミングが趣味でした。

 医学部を志望したのは、医師である父の影響が大きいです。今は医療の開発などに興味がありますが、六年間の勉強のなかで、自分はどのように医療に携わっていくのかをじっくり考えていこうと思います。

合格データ
今年も多くの生徒を現役合格に導いた
本当に学力を伸ばす東進の学習システム、その秘密は資料請求で!
  
 東京大学の合格体験記
合格体験記トップへ
【国公立大】
    
【私立大】