2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1442人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
法学部

no image

写真

三田将太郎くん

東進ハイスクール成城学園前駅北口校

出身校: 芝高等学校

東進入学時期: 高2・4月

所属クラブ: テニス

引退時期: 高2・10月

この体験記の関連キーワード

全科目得意と言えるほどに極めよう

 私が慶應義塾大学法学部を志望し始めたのは高3の夏でした。当初の志望理由はなんとなく私大で一番高いからくらいのもので勉強にも本気で向き合うことはできていなかったと思います。しかしながら、10月頃に担任助手の先生から第一志望の最新年度を解いてみろと言われ、実際に解いてみて絶望しました。自分の当時の実力と慶應法との差に、です。それ以降、特に英語に関しては本気で取り組むようになり、慶應義塾大学法学部に関しては20年分、経済、商、総合政策学部、早稲田大学政治経済学部は10年分はやったと思います。

慶應義塾大学法学部の問題は難易度が高いだけではなく、本当に癖があるため、慣れるまでに相当の時間と努力を要しました。しかし、過去問演習講座で回数を重ね、解説授業を基に研究を相当行ったため、本番では過去最高点を取ることが出来ました。10年分以上を2、3週した慶應義塾大学法学部、経済学部以外は1週しかやらなかったため不合格であったことが、過去問演習の大切さを語ってくれていると思います。世界史に関しては、とにかく早いうちに通史を終わらせ、多くの問題を解き、第一志望の大学での頻出分野のプロフェッショナルになることができれば必ず他の受験生と差をつけられると思います。小論文に関しては、とにかく書いて添削を受ければ、自然と力はつきます。

とにかく、私立文系ならば、教科が遥かに少ないため苦手科目を作らず、全科目得意と言えるほどに極め、過去問演習を重ねることが、合格への一番の鍵だと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
記述(英作文、論述、小論文)を自分で採点することは難しいですが、丁寧に添削と採点してくれる上に、3回行ってくれるため、論述の精度に磨きをかけることができます。

実力講師陣
林修先生と荒巻先生の授業は神です。

高速学習
世界史を高3の6月に終わらせられたため、最後まで世界史の点に救われました。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】


【 スタンダード世界史B①②(現代史) 】


 慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 57899

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒