2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1441人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

金沢大学
人間社会学域

no image

写真

宮尾あゆさん

東進衛星予備校長浜駅前校

出身校: 虎姫高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: 剣道部 女子主将

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

悔いの残らない戦い方をしてほしい

 私が東進に入学したのは高2の3月末でした。4月から受験に向けて本格的に始動する計画を立てました。しかし、4月頭にヘルニアを発症し、座っていることが出来なくなりました。そして、6月の東進模試の際に先生方が立ったままでも勉強できるようにしてくださるまで、塾に行かず、受講も1,2講しか出来ていませんでした。部活が終わってから受験勉強を始めたも同然でした。そこからは本当に大変でした。

2か月分の遅れを取り戻すために1日に可能な限り受講しました。各講後の確認テストや講座修了判定テストは100点を取れるまで何度も繰り返しました。一時はストレスご飯が食べられなくなった時期もありました。それくらい夏休みは特に大変でした。受講だけでなく、センターの過去問も解きはじめなければならず、毎日逆算してスケジュールを組んでいました。私は高1、高2の間はほとんど勉強をしてこなかったので自分の勉強法や自分の解き方というものを知らず、先生方やほかの受験生からいろいろなアドバイスを受けながら模索しました。センターの過去問演習で、2017年の国語で今まで取ったことのない酷い点数を取りました。私は国語が得点源だったので愕然としました。そこで私は8月のバイオ大学で受ける模試では解く順番を変えて解きました。すると今まで届かなかった9割に届きました。もちろん、順番を変えただけではなく、それまでに古文・漢文の受講はすべて終わらせていました。8月も後半になり、受講も少し落ち着いてきたところで本格的にセンターの過去問を解きはじめました。はっきり言って一発で8割は難しいです。特に私は文系ですがあまり英語が好きでなく、時間内に解ききることができず、ほかの文系の子たちと差がありました。しかし、8割を取れるまで「解く」ことで自分に合った解き順も、自分にとっての得点源も分かったので時間配分を決めてやっているうちに間に合うようになり、冬前くらいには8割を取れるようになっていました。

数学は個人的に好きだったので、後回しにしてしまいました。これは大失敗でした。私は社会が嫌いで、特に日本史には本当に苦戦しました。恐らく一番時間をかけました。しかし、結果から言うと2番目に低い点数でした。数学は直前に過去問を解くことになってしまいましたが、私の中では一番短期間で点数が上がったと思います。本当にぎりぎりの直前だったので苦手なⅠ・Aに力を入れると決めてしました。前日にも解きました。そして本番には前日に間違えた問題と試験直前に確認した問題が出ました。最後の最後まで粘って本当に良かったと思いました。

また、担任の先生はすぐネガティブ発言をしていた私を力強く励まし、応援し、沢山話を聞いてくださり、とても嬉しかったです。センター試験が終わり、私は行きたいと思っていた大学を諦めることになりました。ものすごく後悔しました。それまでも何度も何度も初めの2か月を悔やみました。その度に「振り返っても仕方がないから今度は後悔せんように頑張ろう」と励ましていただき、頑張ることができました。センターの結果を踏まえて私は金沢大学の前期に出願しました。

東進ではB判定でしたがほかの判定システムでは軒並みC判定で、さらに金沢の私が行きたい学部はセンターと二次の比率が6:4だったので、かなり危ない橋を渡っているような感じでした。しかも私は8日までは同志社大学の勉強をしていたので、二次をやり続けている人にまた遅れを取ることになりました。それでも私の志望を最大限聞いてくださった担任の先生には本当に感謝しています。同志社と科目が被ってはいましたが、記述量が全然違うので、しんどかったです。

私は二次の過去問演習講座を、時間の関係でフルに有効活用出来ない可能性が高かったので取りませんでしたが、取ったほうがいいと思います。記述を自分で採点するのには限度があり、時間もかなりかかります。取らない人は学校の先生に採点をお願いするなどしたほうがいいと思います。私は志望学部は違いますが同じ大学志望で、内容も同じ英語を受ける友達が過去問演習講座を取っていたので、彼の採点された解答をお借りして自分の見直しをしました。本当に助かりました。また、自分で採点することでより頭に残り、私にはこちらのほうが向いていました。ただ、自分の採点では自信が一向につかず、不安だらけでしたが、あれだけやったんだから大丈夫なはず、と信じることができ、また、そう思えたことが嬉しかったです。

受験は本当に長い戦いで、上手く息抜きができないと苦痛です。私はそれが出来ず、本当に嫌で逃げたかったです。実際現実逃避したこともセンター前にはあります。時間が足りないことのつらさを知っているはずなのになんでそんなことをしたんだと今でもその時を悔やみます。そしてセンターの結果に自分の甘さが出て、今まで生きてきた中で一番悔恨の念にかられました。でもその悔しさをバネにすることで最終的には悔いのない結果になりました。

後輩の皆さんには最初から悔いの残らない戦い方をしてほしいなと思います。高3になってからでは遅いです。受験勉強は早く始めるに越したことはありません。もし悔しい思いをしても、そこで立ち止まらず、活力に変えてください。最後の最後、ぎりぎりまで諦めずに、粘り強く頑張り続けることが合格の秘訣だと思います。弱い自分に勝てるように頑張ってください。そして終わった後は支えてくれた周りの人たちにちゃんと感謝の気持ちを伝えてください。最後になりましたが、お世話になった先生方には感謝してもしきれません。先生方のおかげで前向きに頑張ることができました。厳しく現実をつきつけてくださったことで奮起することができました。相談に乗っていただいたことで精神的に救われました。ありがとうございました。東進に入塾し、先生方のもとで受験勉強ができ、良かったと思います。本当にありがとうございました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分の意志を最大限に尊重してくださり、そのためにどうすべきか的確なアドバイスをくださいます。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

私の場合学校の1つ上の先輩ということもあり、とても相談しやすかったです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

東進模試は数学が特に難しいです。センターより難しいです。でもだからこそ良いです。あと映像解説なので分かりやすいです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

宮部君の話や、宮部君が送ってくれた動画を見ていいなと思ったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

息抜きとしていました。GMは楽しかった思い出しかありません。また、現状報告の際に恥ずかしい結果にならないように、という原動力にもなりました。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 センター対策 】
これをやるのとやらないのとでは大きな違いがあります。大問別演習は短時間でできるのでお勧めです。ただ、こちらは紙面での解説なので動画がいい人は過去問のほうがいいと思います。

【 吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文 】
急激に古文が読めるようになります。

【 今井宏のB組・英語実力アップ教室 】
今井先生がとにかく面白いです。しかもめちゃくちゃ分かりやすいです。

 金沢大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

友達にシェアする

吉野敬介先生

吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文

単語・文法おいしいとこどり! 超頻出文章で的中間違いなし!

どんなに古文が苦手な君でも、古文大好き人間に変えてしまい、一気に合格点を取らせる連続集中講義だ! まずPART1の古文文法で「おいしいとこどり」で超出るところだけやっていく。センターの文法ならばっちりで、今まではずしたことは一度もない。そのツボをしっかりと押さえた上で、PART2以降は超頻出の文章だけを扱い、丁寧にわかりやすく、何度もくり返し問題の解き方を伝授していく! 過去の問題を分析し、研究しつくされた配列で、君の頭をバッチリ整理するぜ! 古文はもちろん、受験を勝ち抜く「やる気」が燃え上がるドラマチックで熱い講義を体験してくれ。PART4が終わった後、君は古文大好き吉野大好き人間に変身している。(必ずPART1から順に受講すること!)

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:古文アレルギーをなくして、古文を得意科目・得点源にしたい生徒

今井宏先生

今井宏のB組・英語実力アップ教室

「確実で速い問題の解き方」を、わかりやすく

文法などの基礎はだいたい理解できているけれど、長文読解に不安が残り、模試の成績が思うように上がらず焦っている受験生が対象です。長文読解問題を毎回1問徹底解説し、スピーディで正確な解き方を身につけていきます。「模試になると、どうしても時間が足りなくて……」と悩んでいる皆さんのために、長文読解の基礎完成を目指し、残った時間で整序英作文・文法語法問題・会話体問題なども強化していきます。地元国公立大学・明青立法中・学習院・関関同立などを志望する高3生の「エンド講座」に最適。高い目標を持つ高2生にもオススメです。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター85%以上を目標とし、長文読解での得点向上を目指す生徒