2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1257人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

夏期特別招待講習申し込み受付中!

東進の夏期特別招待講習申し込み受付中!

一橋大学
商学部

no image

写真

井場耀子さん

東進ハイスクール立川駅北口校

出身校: 明治大学付属明治高等学校

東進入学時期: 高3・6月

所属クラブ: ダンス

引退時期: 高2・9月

この体験記の関連キーワード

丁寧な復習が合格の要因

 私が東進に入ったのは高3の6月でした。国語が苦手で、短期間で苦手を克服したかったからです。東進は自分のペースで受講ができるため、6月の入学でも確実に全ての授業を受けきれるところが魅力的でした。

私の通っていた高校は付属校だったので、近くにすぐ受験のことについて相談できる先生がいませんでした。そのため、私は受験のスケジュール把握が曖昧で、心配になることが多かったです。しかし、東進の担任助手の方々が親身になって受験期の悩みを聞いて、スケジュールを確認してくださったので、安心して自信を持って勉強を進めることができました。

私は東進の過去問演習講座を利用していました。国立大の入試は記述式のため、自分で採点することが難しく、学校の先生に添削をお願いしても時間がかかります。提出すると5日程度で自動的に採点されるこの講座は、直前期に最も役に立つものでした。10年分の過去問を解いて解説を聞き、自分でまとめノートを作り復習する、というサイクルを3回繰り返したことが合格への1番の近道だったと思います。30年分過去問をやって曖昧なまま終わらせるより、10年分の過去問を丁寧に復習していくほうが確実に成績が上がると思います。10年分を繰り返すにしても、適当に何回か繰り返すより、1回の復習でより多くの知識を自分のものにしていく方が絶対に成績が上がります。

私大の合格が決まったあとは、国立の入試まで気が抜けてしまい、本番直前まで心のどこかに浮ついた部分がありました。それでも合格できたのは、国立の過去問演習をしっかりこなしてきたことへの安心感と、絶対受かりたいという強い意志があったからだと思います。最後の最後は、本番にいかに自分の実力以上のものを出しきれるのかということでしかありません。落ち着いて試験に臨めるよう、日頃の模試でも焦らず自分のペースを保つことを意識してほしいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
自動的に採点してもらえるのがよかったです。

 一橋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 19

夏期特別招待講習申し込み受付中!

東進の夏期特別招待講習申し込み受付中!

友達にシェアする