2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1441人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科二類

no image

写真

柳沢梨湖さん

東進ハイスクール海浜幕張校

出身校: 渋谷教育学園幕張高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: 陸上部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

充実した模試と様々な仲間との出会いが東進の強みです

 私が東進に入ったのは高2の3月です。東進を選んだ理由は家から近いことと、授業時間などの制限がなく、自分のペースで勉強を進められるということの2点でした。

入った当初は陸上部に所属していたため部活がメインでしたが、部活帰りに東進に通うのを日課とすることで、継続的に勉強を続けられたと思います。5月に部活を引退してからは、一気に勉強時間が増えました。

私は長い時間勉強を続けるというのが大の苦手なので、友達と話して息抜きをしながら短時間集中型で勉強をするようにしていました。勉強時間で見ると受験生の中では少ない方だったかもしれませんが、同じ時間でいかに人より多くのことを吸収するかということを意識していたため、成績を維持することができました。

ここからは私が東進をおススメする理由を書きたいなと思います。

まず一つ目は、模試が充実しているということです。センター試験本番レベル模試は2ヶ月に一回行われるため、長い受験生活のなかでも細かく目標を区切り、モチベーションを保つことができました。また、東大本番レベル模試も他の予備校に比べて高い頻度で実施されるため、自分の立ち位置を知るいい機会となりました。模試で慣れていたおかげで、実際の入試も模試感覚で落ちついて受けられました。

二つ目におススメするのは、色々な仲間と出会えるという点です。おそらく他の予備校であれば同じような志望校の人としか関わる機会がないと思いますが、東進の場合は文系理系、私大国公立など関係なく、本当に様々な志望校の人たちと知り合うことができます。このおかげで、私は視野を広く保ち、受験勉強を楽しむことができました。受験においてはメンタルをいい状態に保つことも大切になってくるので、開放感のある環境で仲間と頑張れたのはとてもプラスになったと感じています。受験勉強を通じて合格だけではない多くのことを得られたので、悔いのない受験生活を送れたと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

今後の学習計画を確認することができました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

学習以外にも色々な相談にのってもらえてとても支えになりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

東大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

解答用紙が本番と非常によく似ています。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近い・自分のペースで勉強を進められる・模試が充実している・雰囲気が和やかといった理由です。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングは主に息抜きみたいな感じで捉えていました。
センターの前は、担任助手が用意してくれた問題を解くなど、有意義な時間を過ごすことができました。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
返却が早いです。

 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 38

友達にシェアする