2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1440人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
文科三類

no image

写真

氏家颯真くん

東進衛星予備校豊川西部校

出身校: 岡崎高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: コーラス部

引退時期: 高3・11月

この体験記の関連キーワード

過去問演習講座の活用法

 僕が東進に入学したのは高校1年生の春、入学して間もないころでした。僕が入っていたのが全国大会の常連のような部活で、練習日が多く、引退も11月ごろと非常に忙しかったのもあって、自分のペースで授業が進められる東進は最後まで僕の勉強を助けてくれました。

いま受験を終えて、一番重要だったのだなと思う力は単語力でした。古文でも英文でも、文章を滞りなく読めるというのは、持ち時間の少ないセンター試験や二次試験で非常に強みになりますし、わかるという実感が試験会場では単純に自信になります。その意味で、毎日英語に触れられる高速マスター講座は、東進生の大きな強みの一つだと思います。

しかし受験に一番役に立ったと思うのは過去問演習講座でした。過去問を解いて提出し、採点をしていただいている間に新たに過去問を解き、返ってきたら解説授業を見ながら見直しをするというサイクルの中で、非常に効率よく過去問を進めることができました。また他人、それも現役スタッフの方に採点してもらうと、自分では気づけない指摘や、大変有意なアドバイスを頂けます。僕の3年生秋以降の学習指針は99%過去問によって決めたといっても過言ではありません。さらに東進の講師陣による解説授業は過去問後の見直しに役立つだけならず、本番一週間前に見返して頭の片隅に入れておくだけでもいいくらい、受験に役立つチップスがちりばめられています。

大学に入った後は、昔から興味があった言語の研究に没入していきたいです。また国内外問わず様々な場所を訪れて、経験を積んだ大人になれる4年間にしていきたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試の分析の手助けをしていただき、受験の指針を決める方法などを学ぶことができた。受験生活を手探りでなく過ごすことができたと思います。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

校舎を訪れるたび、いつも明るく接してくださったのが、とても心の支えになりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

東大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

問題の質が高くて、自分の今の学力を知るのに最も最適な模試だと思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

その他

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

TEPからの転入です。

Q
東進を選んだ理由
A.

同じ建物内にあって、TEPの先生に勧められたため。また、講師が有名で、授業を受けてみたいとかねがね思っていたからです。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

先輩や同級生の努力する姿が直で見られて、勉強を頑張るとてもいい刺激になりました。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座


実力講師陣


高速マスター講座


Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】


【 高2ハイレベル現代文トレーニング 】


 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 22

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒