2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1442人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
文科一類

no image

写真

早瀬雄大くん

東進衛星予備校津山山北校

出身校: 津山高等学校

東進入学時期: 中3・3月

所属クラブ: ソフトテニス部 前衛

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

継続性がものを言う

 僕が東進に入学したのは高校生になる直前の3月です。学校の授業に先んじて高速学習できる点や自分の行きたい時に行ける点が運動部への入部を考えていた自分にとって魅力となりました。

入学してすぐは高速マスター講座をひたすら進めました。これにより高校入学直後から授業で扱われるレベルの問題はすらすら解けるようになり、自信がついたことで志望校として東京大学を意識し始めました。そして校舎長の勧めで高1の6月からセンター試験本番レベル模試を受け始めましたが、地元の公立中学校に通っていた僕は高校の学習内容の速習を中学のうちにはしていなかったため、最初のうちは点数は悲惨なものでした。それでも挫けることなく受験し続けると、マーク形式という独特の形式で得点を伸ばすコツが経験として体得され、高2になるとセンター形式が得意となっていて、高3のに冬になっても念入りな対策は行わずに済みました。継続性がものを言うと僕が知らしめされた経験です。

講座は3年間を通じて国数英の3教科を受講し、中でも安河内先生の『基礎から偏差値アップ』と林先生の『東大対策国語』では自分の実力の伸びを大きく実感できました。ただ、学校の地歴の授業の進度が遅かったので思い返せば地歴の講座もとるべきだったとも思います。

高2からは東大特進コースも活用し、ライブ授業にも数回ですが参加しました。地方の人にとってはライブ授業はハードルが高いかもしれませんが、ライブ授業でしかない講座や雰囲気というものがあるので何度か足を運んでみることをお勧めします。

高3の6月に部活を引退してからは過去問演習講座に明け暮れました(ただ、地歴は通史が冬まで終わらなかったので国数英ばかりでした)。過去問は最高の教材であり、きちんと時間を意識した演習を継続すれば、自ずと実力はついてきます。センター試験後は後れを取っていた地歴に時間を集中させ、学校の先生の添削と東進の過去問演習講座の添削を併用し答案の客観性を高めていきました。これを記している時点では二次試験の点数はわからないため結果として地歴が間に合ったのかは以前不明瞭ですが、大きく足を引っ張ってはいないと思います。

結果としてこうして合格することはできましたが、親や仲間、学校の先生方、そして東進の担任や助手の方々の支えがなければ為し得なかったことであることは断言できます。こういった方々への感謝を忘れず、法曹あるいは官僚としての社会改変・貢献を目標に進学後も勉学に励むつもりです。後輩の皆さんの多くは、これから焦りや不安に襲われることがあるかもしれませんが自分のやり方を貫けば道は開けます。日々の継続を大切に体調に気を付けて邁進してください。応援しています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

英語で音読をすることを勧めてくださったこと。
出願を文科一類か三類かで迷っているときに一類を勧めてくださったこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

過去問演習の方法を教えてくださったこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

なるべく早く、そして継続して受けましょう。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

その他

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

当時通っていた学習塾の先生の勧め

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで学習を進められる点が魅力に思えたからです。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

仲間と話すことで情報交換ができ、勉強の気休めにもなります。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
学校の授業に先立って学習でき理解が深まります。

高速マスター講座
圧倒的基礎力を短期で身につけられます。

過去問演習講座
添削と細やかなコメント、解説講座が解答の客観性を高める助けとなります。

Q
おすすめ講座
A.

【 東大対策国語 】
東大国語(特に現代文)の解法を指南してくれて国語が論理的に解けるようになります。

【 安河内哲也の基礎から偏差値アップ総合英語
音読の重要性を認識させられた。リスニングが苦手から得意になりました。

 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 20

友達にシェアする

林修・三羽邦美先生

東大対策国語

国語で差をつけて東大合格を引き寄せる

東大の厳しい要求水準を突破するために、東大国語の内実を徹底的に分析し尽くし、緻密な訓練を行う講座です。他大学とは次元の違う極限まで洗練された問題の本質にどこまで迫れるか、あの狭い解答欄にどこまでポイントを押さえて表現しきるか、さまざまな課題をクリアしながら、東大合格への基盤を固めていきます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:基礎力は十分に身についている東大志望者