2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1257人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

夏期特別招待講習申し込み受付中!

東進の夏期特別招待講習申し込み受付中!

名古屋大学
理学部

no image

写真

奥田惇平くん

東進ハイスクール石神井校

出身校: 國學院大學久我山高等学校

東進入学時期: 高1・12月

所属クラブ: 副部長 國學院久我山

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

仲間と励ましあった大学受験

 私は、高1の冬に東進に入学しました。しかし、そこから1年間は大学受験への危機感を持つこと、自分が大学受験をするという実感を持つことが出来ず、積極的に勉強していませんでした。今思うと、そのタイミングでこそ他の受験生との差をつける時期であり、頑張りがいがある時なのではなかったのではないかと思います。そのように東進をフルで活用しきれないまま高2の秋になってしまいました。ここで、私の中学の頃からの友達が東進に入り、共に勉強して行く中で目標とする大学が同じであるとわかりりました。このことがきっかけとなり共に勉強に励むようになりました。

大学受験は1人でするものではありますが、それまでの受験勉強を出すのが入学試験である以上やはり友達と頑張ったという気持ちが本番でも私を支えていたのではないかと思います。また、私が受験勉強を1年間やり終えて、一番辛かったと思うのは試験当日ではなく国公立2次試験の直前1週間です。その期間は、周りにいた私立を第一志望とする人たちが入試を終え遊び始まる時期でもあります。その時期、私は既に1つの私立大学から合格をもらっていたので本気で、今自分がその私立大学に行くと決めるだけで受験勉強を終えることができる、と考えました。たった1週間、1年間以上受験勉強をして来た中のほんの1週間、その1週間が私には本当に長く感じました。そんな時でも私の支えとなったのは周りで同じように苦しみながらひたすらに勉強する友の姿でした。やはり、1年間共に励ましながら勉強出来たことそれが一番の私の名古屋大学に合格できた要因だと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】


【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】


【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(応用) 】


 名古屋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 11

夏期特別招待講習申し込み受付中!

東進の夏期特別招待講習申し込み受付中!

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

志田晶先生

受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(応用)

数学を深く理解しよう!!

この講座では、数学Ⅰ・A/Ⅱ・Bの典型問題の演習を通じて、考える力を養成します。考える力を養成することにより、「過去に経験したことがある問題だから解ける」ではなく、「過去に経験したことがない問題でも解ける」数学力を目指します。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:中堅国公立、私立大学を目指す生徒