2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1442人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科二類

no image

写真

内海武憲くん

東進衛星予備校市谷田町校

出身校: 筑波大学附属駒場高等学校

東進入学時期: 高2・11月

この体験記の関連キーワード

自分を支えるもの

 自分は東大の2次試験の一日目の数学で大失敗してしまい、その日の夜にほとんど眠れないくらい気持ちが沈んでいました。3時くらいまで記憶が残っており、寝よう寝ようと考えるほど数学のことが頭にこびりつき、切り替えられない自分にイライラする悪循環に陥っていました。

どうせ寝れないのならいつかできることは今日やろうと思い、翌日の理科に備えて物理のテキストを開きました。東進でやった物理のテキストを見返していると、自分が対策を後回しにしていた範囲をやり忘れていたことに気づきました。初めは焦りましたが、その対策をしているうちに未来に向かって翌日のために対策をしている充実感を感じ、すっきりした気分になり、寝ることが出来ました。

また、前日に担任助手の方と話した内容を思い出し、やってやろうという気持ちになりました。一日目から二日目で切り替えられたきっかけは東進でした。二日目の理科の前にも東進の物理のテキストを見返し、頑張ってきた自分の痕跡を確認して自信を取り戻しました。実際の試験では物理の問題が難しくて焦りましたが、やってきたことを思い返して自分にできそうなものと厳しそうなものを見極める冷静さを取り戻せました。試験全体の手ごたえは悪く、悔いの残る内容でしたが、結果的に合格できました。

受験を振り返り、自信を無くしたり不安になった時に自分を支えるのは「頑張ってきた自分」だと思います。自分は努力と自信を東進で培うことが出来ました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分ではできないくらいの綿密な学習計画を立てることが出来、計画の大切さを痛感できました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分と近い年齢の大学生の方のアドバイスで、より受験に現実味を感じることができました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

東大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

受験直前に解きなおして自分の成長を実感することが出来、自信になりました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

No

Q
東進を知ったきっかけ
A.

校門前での配布

Q
東進を選んだ理由
A.

映像授業なら時間に制約がないので良いと思いました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

自分と同じ志望校の人の勉強を参考にして自分の学習を修正できました。志望校に直結した勉強ができるようになりました。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 Part1 】


【 スタンダード物理 Part2 】


【 スタンダード物理 原子・原子核 】


 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 14

友達にシェアする