2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1442人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
文科二類

no image

写真

吉中悠乃さん

東進ハイスクール高田馬場校

出身校: 豊島岡女子学園高等学校

東進入学時期: 高3・4月

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

最も成長したグループ長会議

 私が東進に入ったのは、高3の直前の春休みです。体験講習を受ける前は、本気で東進に入るとは思っていませんでしたが、高田馬場校のアットホームな雰囲気や担任助手の皆様の優しさに惹かれて入塾しました。

東進で私が最も成長した場は、グループ長会議です。グループ長会議では、他の学校の人たちと友達になれて、さまざまな事を話し合い、本当にすばらしい思い出がたくさんできました。また、グループ・ミーティングでは同じ系統の志望校を目指している友達と悩み相談をしあったり、笑い話もして、いい息抜きになりました。グループ・ミーティングとグループ長会議は毎回楽しみにしていました。

ところで、講座は志田先生の「東大文系数学」をとっていました。志田先生は基礎の基礎から授業をしてくれるので、数学の穴をなくしたい方におすすめです。センター試験同日受験は高1のころから受けて、高3になってからはセンター試験本番レベル模試も受けるようになりました。センターは慣れが大事なので、直前にはパック問題を含めて10年分以上やった方がいいと思います。

私の担任は私の志望校に通っている大学生だったので、担任との面談は良い刺激になりました。私大の受験校を決める時も、私の希望をしっかり聞いて一緒に考えてくださいました。担任助手もとても素敵な方で、グループ・ミーティングはいつも大盛り上がりで楽しかったです。また、彼女の大学生活はきらきらしていて、私もこんな大学生になりたい!といつも思っていました。

私は高校では弦楽合奏部に所属していたのですが、部活は生徒が主体的に運営したのが良かったです。同輩同士で意見が合わず衝突したことや、先輩の部活運営に不満を持ったこともありましたが、それによって逆に団結力が高まり、文化祭などでは心をひとつにして演奏することができました。東大に合格したことを報告にいらした先輩を見て、受験へのモチベーションがあがったことも覚えています。受験期も同輩たちとの強い絆や、後輩たちからの応援を、身にしみて感じ、ありがたかったです。

そして誰よりも、私をここまで成長させてくださった先生方と、一番近くでずっと見守ってくれた両親には、感謝してもしきれません。このように、私はすばらしい環境に恵まれました。私を支えてくださった方々に恩返しをするためにも、大学ではしっかり勉強して、視野を広く持ち、主体的に考える力を養い、社会に貢献していきたいと考えております。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

確認テスト


過去問演習講座


学力POS


Q
おすすめ講座
A.

【 東大対策文系数学 】


 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 12

友達にシェアする

志田晶先生

東大対策文系数学

東大および難関大に狙いを絞った数学Ⅰ・Ⅱ系の実戦演習

1学期は各分野の重要問題の演習を通じて、東大・京大入試に必要な基本知識の確認をします。2学期および各講習では、東大・京大の本番レベルの問題演習を行います。東大レベルの問題は、基本公式を理解しただけでは解けません。問題及び出題の意図をいかに的確に読み取ることができるかが大切です。この講座では、標準的な応用問題は解けるが難しい問題になると歯がたたない生徒が、いかに東大レベルの問題を解けるようにするかという方針の下で授業します。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:東大・京大を始めとする難関大を目指す生徒