2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1295人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

神戸大学
医学部

no image

写真

川﨑由真さん

東進衛星予備校長浜駅前校

出身校: 河瀬高等学校

東進入学時期: 高2・4月

所属クラブ: 陸上競技部 女子キャプテン

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

繰り返し学習することの大切さ

 私は、高校2年生になる時に部活も全力で頑張りつつ志望校に合格するために東進を選んで入学しました。部活が終わって東進に来るのが遅いと9時近くになる日もありましたが映像授業だったため自分のペースで学習することが出来ました。部活を最後まで続けることができて大学にも合格できたのはこれのおかげだったと思っています。

私が合格できた理由は英語を得意科目にすることができたからだと言い切れます。入学した時から英語は嫌いではなかったのですが、勉強の仕方が分からず成績は良くありませんでした。ところが、電車通学の時間を利用して高速マスター講座で単語や熟語を覚えていくうちにどんどん英文が読めるようになってきました。更に、音声を使った音読をほぼ毎日行うことで長文が読めるようになり英語は武器になり、センターでは9割取れ、二次試験でも貯金になりました。高速マスター講座は部活生におすすめです。

また、私は大学で化学系のことが学びたいにも関わらず、化学を苦手にしていました。しかし、『スタンダード化学』を繰り返し受講することで、要点が整理され今では大好きになりました。受験勉強は本当に辛くて家ではやる気が出ないこともよくありましたが、東進に来ると周りのみんなが頑張っているので私も頑張ろうと思うことが出来ました。グループ・ミーティングは私の癒しの時間であり、気合を入れるタイミングでもあったので行けない日はとても残念だと思うくらい大切な時間でした。私たちのグループが全員合格したと聞いた時は、自分のことのように嬉しかったです。受験を通して大切だと思ったのは志望校は高く設定することです。私の場合高3の夏休みまで目指していた大学には届きませんでしたが、ずっとそこを目指して努力をしていたからこそ最終的にこの大学に合格出来て学びたいことが学べることになったので良かったと思っています。家族、学校や東進の先生、友人など支えてくださった方に感謝して大学でも頑張りたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いつでも自分のことのように志望校に合格するには今何をすべきかを考えてくださったことです。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分なりに頑張ったと思えることを報告すると、いつも褒めてくださりもっと頑張ろうと思えたことです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の欠けている部分がすぐにわかります。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

新聞折込チラシ

Q
東進を選んだ理由
A.

部活との両立が一番できそうなところだったからです。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

息抜きの時間であり、また一週間頑張ろうと気合を入れなおす場でもあった。進路や勉強の不安から関係ない笑い話までなんでも話しやすくて毎週楽しみでした。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
自分のペースでどんどん予習が出来たので、特に対策しなくても定期テストで良い点が取れました。

高速マスター講座
部活で忙しくても、隙間時間を利用して短期間で基礎を暗記することができました。

東進模試
とても回数が多くて成績の返却も早いので、こまめに自分の実力を測ることができました。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード化学 有機化学 】
化学が苦手だった私にも橋爪先生の説明はわかりやすくて、頭の中ですっきり整理されて化学が得意で好きになりた。

【 安河内哲也の基礎から偏差値アップ総合英語
音読と出会ったのがこの講座で、音読のおかげで長文がスラスラ読めるようになって苦手意識が無くなりました。

【 過去問演習講座 センター対策 】
大問別を1000回やったのは自信になって、センター試験当日にあまり緊張しなかった。特にやりこんだのは、化学と地理でどちらも85点取ることができました。

 神戸大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 7

友達にシェアする