2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1442人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科一類

no image

写真

野田航汰くん

東進衛星予備校相模大野校

出身校: 相模原中等教育学校

東進入学時期: 高1・3月

所属クラブ: サッカー部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

基礎力が合格の鍵

 辛かったですが、とにかく受かってよかったです、では自分の体験を書きたいと思います。

まず僕は東進に高1の3月に入りました。その頃はまだ部活動をしており、勉強時間を確保するのが難しかったですが、東進の計画に沿って、使える時間は勉強に当てるようにしました。その甲斐あって高3までに林先生の現代文や、長岡先生の数学の授業を受講することができました。ここで培った基礎力が合格につながったのだと思います。

そして高3になるのですが、春は微分積分や電磁気の授業が学校であり、部活も引退試合に向けてラストスパートに入り、また体育祭も近いという、とにかく大変な時期でした。しかし、少ない時間の中で何とか学習をこなすことができました。かなり辛かったです。東進では宮崎先生の難関国立大総合英語や、長岡先生の微積もぐんぐん応用編などの授業をとっていました。

そして、5月に部活を引退しました。勉強に本腰を入れることができるようになり、60講もあって質と量ともに重い講座であるハイレベル化学を受講しました。2〜3ヶ月かかるので、取る予定の人は早めに始めたほうがよいです。そして夏がやってきます。夏休みには、学校と東進の両方を効率よく利用しました。特に数学と理科を重点的に学習しました(しかし英語に触れない日が何日か続いていまい、勘が鈍くなってしまいました。英語には毎日少しずつでも触れておくべきだったと思います)そして一通り基礎が完成し、センター試験本番レベル模試でも点が取れるようになりました。しかし、二次力がまだ全然無かったので、東大本番レベル模試ではひどい結果になりました。そんなときに校舎長の先生が励ましてくれたのがよかったです。その後は模試をあまり気にしないようになりました。秋にはバランスよく学習(特に化学の重問や数学ぐんぐんの復習)をしました。しかし二次力はまだ十分ではありませんでした。また東大の答案用紙の使い方や解答の書き方が分かりませんでした。そこで東進の記述型答案練習講座が役に立ちました。特に現代文が良かったです。自分で勉強しにくい科目ですが、しっかりとこなすことで力がとてもつきました。

冬のセンター試験前は学校で勉強し、国語や地理を仕上げました。センター試験後は残った答案練習と過去問を中心に学習しました。過去問演習講座
では、過去問を添削してくれるので。自分では気づかない弱点を知ることができました。そして、バランスよく学習した結果、本番でもバランスよく点が取れて、受かることができました。

合格するためには、とにかく頑張るしかありません。テクニックや裏技を使うにしても、それを使いこなすには基礎を固める必要があります。これから受験をする皆さんも、本番参考書をしまうように指示が出される瞬間まで必死で足掻いてください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分が偏った勉強をしているときに(物理ばっかとか)、ほかの科目もやったほうが良いと注意してくれました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

よく数学の質問を聞いてもらいました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

全国統一高校生テスト

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

本番で実力を発揮できるように本番に似た形式で模試を受けられるのがよかったと後になって思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

受験勉強を早めに始めようと思って、東進の招待講習を受けてみたのがきっかけです。林先生と長岡先生の授業を受けて、難しいけど、得る物が大きかったと感じ、東進に入るのがいいと感じました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングの中で、先生が持ってくる数学の問題を解くのが楽しかったです。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
上位の講座を担当している先生の授業は、論理的に厳密な上に分かりやすく、力をつけるにはとても役に立ちました。

志望校対策特別講座
答案練習講座がなければ、解答欄をうまく使いこなせなかったし、要求されているような解答も書けなかったと思います。

担任指導
合格までの道のりを具体的に示してくれました。また、学習についての相談もよく聞いてもらいました

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル化学 有機化学 】
有機化学となっていますが、ハイレベル化学全部です。難しいですが、論理的な授業で、曖昧な部分がなくなりました。

【 数学ぐんぐん[応用編] 】
数学ぐんぐん(微積もぐんぐん)はとても難しくて泣きそうになりますが、しっかりと復習して自分のものにできれば、とてつもなく力がつきます。

【 難関国立大総合英語 】
英語を英語として読む授業です。英語力はもちろん、文の型をつかむ能力や、教養も身につけることができます。英語を英語として扱うのが得意な人にはぴったりですが、そうでない人には向かないかもしれません

 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 40

友達にシェアする

長岡恭史先生

数学ぐんぐん[応用編]

[基本編]を基に大学入試に対抗し得る真の実力を養成

"基本が大切と誰しもが耳にする言葉であるが、""基本とは何か""または""基本は決して易しくない""ということを知る者は意外に少ない。本講座では数学ぐんぐん[基本編]の既習を前提に(当然「自分は基礎力はある!」という諸君は、この[応用編]からの受講も許される)いわゆる数学I・A/Ⅱ・Bの""基本""の徹底した理解を目指し、1つ1つの基本がしっかり身に付けば""合格するために必要であり、かつ十分である標準問題を一瞬にして見切れるようになることを実践してみようと考えている。なお、教材は本問に必ずREV(自習用問題)を付け、真剣に大学入試に取り組む諸君にとって有益なものであると確信している。素直な心と困難に怯むことのない精神力を持って挑んでもらいたい。"

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:志が高く、これから上を目指すという気迫を持つ諸君

宮崎尊先生

難関国立大総合英語

旧帝大レベルの国立二次・記述試験対策

厳選された質の高い英文素材を用いて、英文を読みこなすための思考力、作法を身につけていきます。旧帝大レベルの難関国立大における長文の「読解力」はもちろんのこと、各設問に解答するプロセスをていねいに解析することで、記述試験における「得点力」に磨きをかけましょう。※難関私大・国立大の両方を見据えた対策には「システム英語総合編Ⅵ」をお勧めします。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関国立大の二次記述試験対策をしたい生徒