2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1000人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
商学部

no image

写真

戸村龍司くん

東進衛星予備校沼津学園通り校

出身校: 沼津東高等学校

東進入学時期: 高2・8月

所属クラブ: フェンシング部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

東進の模試が自信につながった

 私は高校2年の夏に東進に入学しました。当時現代文ができなかったことや、勉強の指針が立たなかったことがきっかけになりました。東進での授業や担任の先生の指導により、現代文をはじめとして様々な教科の本質を効率よく学ぶことができました。

受験を振り返ってみると、私はあまり緊張しなかったように感じます。その要因となったのは、東進での豊富な模試の経験だと思います。一回一回全力で取り組むことで、自然と本番のような心持ちになることができました。模試は学力面でも自身をサポートするだけではなく、精神面でも支えになるので、おろそかにしないことがとても大切です。

また、私は受験当日の休み時間まで東進のテキストを復習しました。東進のテキストは試験の頻出事項をわかりやすくまとめているので、直前に復習したものが実際に試験で出題されることもありました。それに加え、授業の中で先生が強調したことも書き込んでいたために、あらゆる方面に対応可能な最高の参考書を持参して受験に臨むことができました。重要事項をいつでも思い出すことができるようにすることも大切だと思います。

私は将来公認会計士になりたいと考えています。その夢を実現するためには、難度の高い試験や実習を乗り越えなくてはなりません。しかし、東進で行った受験勉強から得ることのできた忍耐力や先を見据える力、自己分析の力は必ず自身の糧になると感じています。自信を失ったときには受験生活のことを思い出し、勉強につまったときには問題点を発見、対策して公認会計士という夢を叶えるよう大学、あるいはその先まで努力し続けたいと思います。また、公認会計士の夢を実現した後も変わりゆく世界の実状をしっかりと俯瞰し、その時代に合った形での社会貢献をしていきたいと考えています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自己分析した結果をもとにしておすすめの学習方法を教えてくれたので、効果的な勉強をすることができました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

1学年上の先輩が担任助手だったために経験談がよりリアルに感じられ、自分のことを的確に見つめ直すことができました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

英語の問題はかなり綿密に本番に準拠しているため、2回目には満点がとれるくらいには復習するのがいいと思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

検索エンジン

Q
東進を選んだ理由
A.

有名講師の授業を受けてみたかったことと、勉強の指針に不安を感じたことです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター講座
自分の段階にあった学習をすることができ、ステップアップしていることを実感できたからです。

東進模試
豊富な種類の模試を経験することで、受験本番の対応力を身につけることができたからです。

担任指導
受験勉強を闇雲にやるのではなく、効率よく進めることができたからです。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B PART2 】
近代史は大量の語句があり、記憶することが大変であるが、金谷先生の説明により一つの事項ともう一つの事項の繋がりを理解することができたからです。

【 スタンダード日本史B PART1 】
古代は多くの人が単語だけを覚えているところであるが、先生の説明によりなぜそうなったのかというプロセスが理解できたからです。

【 過去問演習講座 センター対策 】
大まかな学習に加え、苦手な分野に絞った演習をすることができ、効率よくセンターの得点アップを図ることができたからです。

 慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 10

友達にシェアする