2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1000人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

名古屋大学
理学部

no image

写真

明石隼太朗くん

東進衛星予備校岡崎駅西口校

出身校: 岡崎北高等学校

東進入学時期: 高2・8月

所属クラブ: 音楽部 ベースのパートリーダー

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

東進はやはりすごい

 東進はやはりすごいな、とこの受験を通じて痛感しました。
何がすごいってまずは入試に関しての情報量です。合格者の平均偏差値などはもちろんのこと、その大学の入試の特徴など、長い年月で培ってきた経験に基づく根拠ある情報はとても助けになりました。

次にとても個性的でおもしろい教師陣です。僕のおすすめは今井先生とやまぐち先生です。今井先生の思わず聞き入ってしまう授業に将来役立つかもしれない情報満載の雑談、そしてやまぐち先生の物理の公式や問題の核心を突いた説明はまさに目から鱗が落ちるようなものでした。

高校生活では部活を通じて、自分の無力さを思い知らされました。「こんなことではだめだ」「いっそうの努力が必要だ」そう自分に言い聞かせてより良い人間になるためにいろいろな事に励みました。
しかし、東進の力を借りていたとはいえ、つらい時期もありました。それはセンター前。一瞬にして過ぎてゆく時間が非常に焦らせてくれました。
そんな時は合格後に待っているであろう明るい未来を想像して、気持ちを落ち着けてから勉強するようにしました。狭い視野はミスを引き起こすので。

もともとは工学部化学生命工学科を志望していましたが、三年生の二学期の期末で、二人のクラスメイトに数学を教えたときに、楽しさを感じました。そして、数学が面白く、奥深い教科であることがどれだけ伝わっていないかもはっきりとわかりました。ゆえに、理学部志望に変えたのです。
実は志望学部を変更したのがセンターの三週間前くらいだったので、自分でもこれはあんまり良くないことだなと思っていたのですが、東進の人はとても親身に対応してくれましたので、本当に助かりました。

僕にとって受験勉強とはいわば試練のようなもので、確かに苦しく、面倒だと思ってしまう時もあるけれど、結局自分のためなのだと思い自発的にやってました。

将来は数学の面白さが存分に伝えられる教師になりたいです。そしてたくさんの人が数学が嫌いにならなくても良いように、そこからさらに努力を続けたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

学部をセンター直前期で変更するという愚行を、親身に対応してくれたことがとても嬉しかったです。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

質問に対応しようと努力していただけたことが印象に残っています。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

本当のセンターだと思って取り組んで自分の至らないところを知ることができる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

テレビCM

Q
東進を選んだ理由
A.

授業が面白そうだったからです。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
とにかく面白く、つい見入ってしまいます。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 Part1 】
根本から理解できて本当にオススメです。

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
雑談もためになり、授業も理解しやすいです。

【 数学ぐんぐん[応用編] 】
難問に出会えます。

 名古屋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 8

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

長岡恭史先生

数学ぐんぐん[応用編]

[基本編]を基に大学入試に対抗し得る真の実力を養成

"基本が大切と誰しもが耳にする言葉であるが、""基本とは何か""または""基本は決して易しくない""ということを知る者は意外に少ない。本講座では数学ぐんぐん[基本編]の既習を前提に(当然「自分は基礎力はある!」という諸君は、この[応用編]からの受講も許される)いわゆる数学I・A/Ⅱ・Bの""基本""の徹底した理解を目指し、1つ1つの基本がしっかり身に付けば""合格するために必要であり、かつ十分である標準問題を一瞬にして見切れるようになることを実践してみようと考えている。なお、教材は本問に必ずREV(自習用問題)を付け、真剣に大学入試に取り組む諸君にとって有益なものであると確信している。素直な心と困難に怯むことのない精神力を持って挑んでもらいたい。"

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:志が高く、これから上を目指すという気迫を持つ諸君