2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1441人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

京都大学
工学部

no image

写真

杉本浩太郎くん

東進衛星予備校膳所校

出身校: 膳所高等学校

東進入学時期: 高3・3月

所属クラブ: サッカー部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

演習を多く積むこと

 高校2年の3月に東進に入学しました。東進に入ったのは、友達がたくさん行っていて馴染みやすそうだから、という理由からでした。その友達たちと切磋琢磨しあいながら勉強をすすめていけたことは良かったと思います。
京都大学を受験する人へのアドバイスとして言いたいことは、とにかくたくさん演習をつんでほしい、ということです。京都大学の問題は、難易度が高いのは言うまでもないことですが、膨大な問題量も得点が伸びない大きな原因です。

特に理科は出題形式が独特なうえに問題量が多く、いかに時間との闘いを制するかが重要になってきます。僕の場合は、過去問演習講座を何回もやりこむことで、時間配分の仕方を身に着けることができました。その結果、本番でも、焦らず、余裕をもって、いつも通り問題を解き切ることができました。演習を多く積むためには、時間が必要です。十分に演習時間をとるためには、なるべく早く受講をおわらせることです。8月上旬にすべての受講が終わっているぐらいがベストだと思います。キツイと感じる人も多いと思いますが、決して無理なことではありません。

また、模試の結果を重く受け止めない、ということもアドバイスしておきます。模試と本番の入試の採点基準は違うし、緊張の度合いや雰囲気も全く別物です。僕の場合は、ほとんどがEかD判定でしたが、本番では自分の実力を出し切り、合格をつかみ取ることができました。
最後に、毎日勉強してください。一度実力がついても、何もせずに放っておくと、すぐに実力は低下します。入試に必要な教科はどの教科も疎かにせず、バランスよく勉強を進めることが、総合的な得点を伸ばす一番の近道だと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

a

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
面白いからです。

 京都大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 22

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒