2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1440人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科一類

no image

写真

石山幸児くん

東進ハイスクール金町校

出身校: 白鴎高等学校

東進入学時期: 高3・4月

勉めて強いる

 私が東京大学理科一類に合格するまでの道のりは、東進の授業や模試、スタッフの皆様、そして東進での友人なしに語る事は出来ません。

私は物理の苑田先生をはじめとする一流の先生方の授業を受けることが出来たことが大きかったと思います。一流の先生方の授業を受けることが出来たことにより、合格に大きく近づくことが出来たことは言うまでもありません。一流の先生方の授業は、ただ学習内容を修得することが出来るだけでなく、各科目全般の基底にある考え方や世界を理解することが出来て、さらに学習のモチベーションも上がっていくものでした。

また東進の模試は、ただ学習内容を確認するだけではなく、学習のやる気を生みだすものでした。東進の模試のなかで印象に残っているものは、東大本番レベル模試と全国統一高校生テストの二つです。東大本番レベル模試は、東大の冠模試という側面だけではなく、各科目において考えることが重視させられる良い問題をそろえたものであったと思います。また全国統一高校生テストは、全国数多くのライバル達と予選、決勝と戦っていくために特に勉強にしっかり向き合わせてくれたと思います。

つらいときは励ましてくれ、また嬉しいときは一緒に喜んでくれる東進のスタッフの皆様には、本当に支えられ、心から感謝しております。受験生生活は苦難も多い中、東進で新たな友人たちと出会えたことは、ただ苦難を乗り越える糧となるだけでなく、人間的にも成長することが出来る材料となるものだったと思います。

後輩の皆さんへ……勉強は勉めて強いると書き、一見つらいもののように思えるかもしれません。しかし、第一志望に向かうまでの過程において多くの知識や問題と接するうちに、考えること、学ぶことが楽しいものに思えてくると思います。その域に達すれば、ゴールはぐっと近くなると思います。そして、東進の授業や学習環境等は、学びの楽しさを知る事のできる環境と思います。

東京大学に入ることが出来たことは本当に嬉しいことです。しかしそれと同時に、多くの手ごわいライバル達と戦っていく日々が始まります(もちろん彼らはライバルとしてだけではなく大学生生活をともに過ごしていく仲間でもありますが)。その集団のなかで、東進で学んだことを基に日々精進していきたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
部活に所属していましたか?
A.

No

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

自宅から校舎が近かったから。また、一流の先生方の授業を受けたかったから。

 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 40

友達にシェアする