2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1441人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京農工大学
工学部

no image

写真

関根悠人くん

東進ハイスクール田無校

出身校: 東京電機大学高等学校

東進入学時期: 高2・2月

所属クラブ: 硬式テニス 部員

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

基礎固めの大切さ

 僕が受験勉強を始めたのは、高校2年生の2月だったのですが、もう少し早くから東進に入学しておけばもっと余裕を持つことができたのではと思いました。

僕は受験勉強を通し一番大事だったと思うことは基礎固めです。何かを学ぶうえで基礎がないと発展的なものを理解するのは困難になります。なので高3になってからは、入試本番が近くになるにつれて実戦的な学習が増えていく中、基礎ができていないと効率が落ちてしまいます。高3の夏を越えたあたりから赤本などで国公立や私大の過去問を解く、一番大事な時期を有効に使うために早めからの受験勉強開始を薦めたいです。

僕は結果として東京農工大学に公募推薦という形で合格しましたが、これから農工大に公募での入学を考えている人で普通の受験勉強にはあまり手を出さなくていいやなどという甘い考えを持っているならばその考えは捨てたほうがいいです。過去問を見ればわかると思いますが、生半可な学習では痛い目を見ると思います。また今年の口頭試問は小論のときに解かされた問題をどのように考えたか説明しろというものでした。人に説明するというのは解くことよりも難しく、本当に理解していないと厳しいと思うので日ごろから、一度解けた問題を少し探求してみるなんていうのもいいと思います。

第一志望に合格できたのは自分で計画を立てて自分のペースで学習を進めることができる東進の映像の授業が僕にあっていて、また担任助手の方々の助けのおかげでもあるので受験を控えてる人たちもぜひ東進のシステムを最大限利用して合格を勝ち取ってください。応援してます!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の方々はみんな優しく、はなしかけやすかったです。特にグループ・ミーティングでは盛り上がって1時間くらい話し込んでしまうこともありました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

模試は受けたあとの復習が大事なんて学校の先生なんかにも言われるとおもいますがまさにそのとおりだと思いました。ぜひ解きなおしやってください。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

友人が高2の10月ごろに東進に入学してから劇的に英語の成績が上り始め自分もそろそろ予備校に入ろうと思っていたときに薦められたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングで仲良くなった友達と息抜きがてらしゃべったり、昼ごはんを食べたりしました。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
とてもわかりやすいです。

高速マスター講座
スマホでも手軽にできて学校の休み時間など空き時間にも活用できるから。

過去問演習講座
夏にかけて一番お世話になった講座です。苦手な国語や社会の東進模試の過去問などセンター試験でしか使わない科目の学習に役立ちました。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のB組・英語実力アップ教室 】
とにかく今井先生の雑談が面白く、モチベーションがあがります。

【 過去問演習講座 センター対策 】
演習量を積めるのがよいから。

【 微積もぐんぐん[理系微積分+α]―応用編― 】
かなり難しいですが数学を勉強しているかんじがとても良いから。

 東京農工大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のB組・英語実力アップ教室

「確実で速い問題の解き方」を、わかりやすく

文法などの基礎はだいたい理解できているけれど、長文読解に不安が残り、模試の成績が思うように上がらず焦っている受験生が対象です。長文読解問題を毎回1問徹底解説し、スピーディで正確な解き方を身につけていきます。「模試になると、どうしても時間が足りなくて……」と悩んでいる皆さんのために、長文読解の基礎完成を目指し、残った時間で整序英作文・文法語法問題・会話体問題なども強化していきます。地元国公立大学・明青立法中・学習院・関関同立などを志望する高3生の「エンド講座」に最適。高い目標を持つ高2生にもオススメです。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター85%以上を目標とし、長文読解での得点向上を目指す生徒