2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1440人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

一橋大学
社会学部

no image

写真

峯島理恵さん

東進ハイスクール高田馬場校

出身校: 新宿山吹高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: 伝統

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

あきらめなければ可能性はある

 私が東進に入ったのは、自分の好きな時に登校し自分のペースで受講を進められる点が良いと思ったからです。病気があったので自分でスケジュールを調整できるところがよく、招待講習で何度もお世話になったので、東進を選びました。

志望校は、漠然と国立に行きたいという思いがあり、自宅から通える範囲、文系で探し、目標は高いほうが良いと思い、文化祭やオープンキャンパスに行って雰囲気の良かった一橋大学に決めました。将来の夢が明確に定まっておらず、大学では様々なことを広く学びその中で自分の方向を定めていこうと考えていたので、社会学部に決めました。

高校が定時制だったので時間に余裕はありましたが、授業のレベルが高くなかったので他の受験生とかなり差があるのではと初めは不安でした。特に数学はセンター模試の点数がなかなか伸びず、第一志望を私大に変えようかと悩んだ時期もありました。

しかしやっぱり一橋大学に行きたいと思い志望校を変えず、受講や高速マスター講座、センター試験の過去問演習講座に取り組んだ結果、少しずつ点数が伸びていったように感じます。9月に入り一橋大学の過去問を始めても数学に対する苦手意識は消えませんでしたが、学校の先生の指導を受けたり、他大学の単元ジャンル別演習で演習量を積み、自信を持てるようにしました。また、日本史が得点源だと思っていたので、何が出されても大丈夫なように過去問演習を25年以上やりました。

結局センター試験本番でも二次試験本番でも数学でケアレスミスをしてしまい、特に二次試験の後は絶対落ちたと思い落ち込みました。でも切り替えて二次試験2日目の英語と日本史の勉強をした結果、合格することができました。試験が終わって発表までの間、落ちたと思いセンターで受かった早稲田に行くんだと自分に言い聞かせていたので、発表を見たときは信じられないくらい嬉しかったです。何か一つ失敗しても最後まであきらめなければ可能性はあるということを学びました。

大学では、社会の問題を解決するため、社会の構造や機能、問題の背景となる政治や経済、歴史や文化などを学び、物事を多角的に考察できるようになりたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いつもやさしく相談にのってくださいました。二次試験一日目の夜、数学で失敗して落ち込んで電話したときに励ましてくださったことが印象に残っています。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

丁寧にアドバイスしてくださいました。センターや二次の本番にかいじょうや駅に来て応援してくださったことが印象に残っています。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

東進のセンター模試は難しめで、2ヶ月に1回あるので勉強のモチベーションになりました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

DM

Q
東進を選んだ理由
A.

自分の好きな時間に登校し、自分のペースで受講を進められる点が、通院している自分に合っていると思ったからです。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

学校の講習と重なってしまい、高2の短い期間しか出ていませんでした。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速基礎マスター講座
電車の中などの隙間時間に英単語・熟語、日本史用語などの基礎知識を習得できました。

東進模試
東進のセンター模試は難しめで、2ヶ月に1回あるので勉強のモチベーションになりました。

過去問演習講座
過去問演習10年分を添削指導してくれます。完璧な答案をつくれるよう繰り返し提出できる点も良かったです。他大学の模試の過去問の演習もでき、演習量を積むこともできました。

Q
おすすめ講座
A.

【 新 スタンダード日本史B①② 】
講師の先生の授業が分かりやすかったです。テキストの解説も丁寧で論述対策に使えました。

【 過去問演習講座 センター対策 】
大問別演習で演習量を積むことができました。

 一橋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 16

友達にシェアする