2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1441人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科一類

no image

写真

佐藤弘之くん

東進ハイスクール西葛西校

出身校: 渋谷教育学園幕張高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: 物理部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

基本を習得すること、自分に自信を持つことが大事

 僕が東進に通い始めたのは、主に家から近く自習室を利用できるからでした。その後の受験勉強は計画的という言葉からは程遠いものとなりましたが、東進に入ることで少しはましなものにできたのでしょう。東進の講座は映像での授業であり受講の予定を自分で決めるため、計画性が要求され、自分にあった勉強法についてよく知ることが特に重要となってきます。受験勉強が自らの学習法を模索する過程であるのなら、東進のこのシステムは大いに役に立つものです。自分を知るということは恐ろしく、気の進まないことでしょうが、そこは諦めの気持ちを持って臨むくらいが丁度いいような気がします。

勉強面に関して言えば、ありきたりですが基本的なことをどれほど理解、習得しているかということに尽きます。ここで言う基本的なことというのは、教科書レベルの内容とそれを運用する基礎的な技能のことです。基本が身に付いていけば、何より自信につながりますし、少なくとも現役生なら直前期の過去問対策で十分得点を伸ばすことができると思います。
僕はもともと他教科に比べ数学の得点力があまりなかったのを自覚していたのですが、センター前くらいまでは重点的な訓練をすることができていませんでした。その後センター直前から二次試験にかけて数学の過去問を出来るだけ解いて、問題へのとっつき方に慣れていったことで、二次試験までに得点力を十分伸ばせました。基本的な内容の理解においては、講師陣のレベルが高い東進の講座はとても有効です。
また、自分の理解が妥当なものであるかを考えるために、模試などの出来を評価することに加え、他の誰かと、たとえば先生や友人、東進の方々とその内容について話すというのが良いと思います。不可欠と言ってもいいかもしれません。特に各教科の内容について話し合える友人の存在はとても大きいものです。さらに先に述べたように、基礎的な技能の習得が鍵となってくるので、英語の読み書きや、数学の演習などの訓練は継続していく必要があります。

精神的な話としては、とにかく自分に自信を持つことです。正しい選択がどんなものであるかわからずとも、自分の選択に自信を持ち続けることは本番でのパフォーマンスに直結します。また、先の見えない受験勉強の中でどうしてもやる気がでないときはつきものなので、たまには現実から逃げる日があってもいいと思います。僕もそういった日は毎週のようにありましたが、日が暮れるころには焦りを覚えて翌日からはなんとか頑張れました。

今後大学受験を控える方にこの話が参考になるかはわかりませんが、自らの学習を形作りながら、合格を目指してほしいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

回数が多く、目標点を決めて臨めば着実に点数を伸ばしていけると思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

テレビCM

Q
東進を選んだ理由
A.

前に兄弟が通っていたことに加え、家から近く自習室が利用しやすいと思ったからです。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
自分では難しい記述答案の添削をたった数日でしてもらえます。

東進模試


Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 センター対策 】
東進の模試の過去問も合わせて多くの問題を解くことができます。

 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 8

友達にシェアする