2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1257人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

夏期特別招待講習申し込み受付中!

東進の夏期特別招待講習申し込み受付中!

一橋大学
社会学部

no image

写真

高橋健悟くん

東進ハイスクール大宮校

出身校: 大宮高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: フォーク部(軽音楽部)

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

私の1年

 自分が東進に入学したのは4月初めでした。もともと塾嫌いだったので初めは不安だらけでしたが、親切な担任の先生の指導によってすぐに慣れることができました。その頃は日本史が苦手で、センタ—試験の問題形式すら知らない状況でしたが、東進に入ったことで、このような状況にいち早く気づけたのでよかったです。

入学後はとにかく日本史の範囲を早く終えるために受講中心に勉強していました。この時期は部活も忙しかったので両立に苦労したのですが、今となっては部活がいいストレス発散に繋がっていたのだと思います。

夏休みに入ると、東進の先生の指導もあってセンタ—試験対策に集中しました。ですが、正直夏休みの時期はスケジュール調整を間違えたと思います。自分はセンター用に世界史をやっていたのですが、夏休みは世界史と日本史ばかりになってしまったのです。国立大を受ける方は文系でもこの時期に数学の基礎を固めておくことをおすすめします。

夏休みが終わって部活も引退すると、いよいよ9月からは一橋の過去問に取組み始めました。過去問演習では自分は本番と同じ時間で、どれだけ粘れるかを意識していました。センタ—試験もあるので調整が大変でしたが、可能な範囲での予定を立てて一つ一つそれらを潰していくと、達成感があってとてもよかったです。

センタ—試験は初めての本番で少し緊張しましたが、「これも模試みたいなものだ」と自分に言い聞かせることで乗り切れました。その後は自分の志望学部の配点に合わせ、伸びが悪かった数学を半分諦めて英語と日本史対策を重点的に行いましたが、これが合格の決め手になったのだと思います。日本史は私大の試験後すぐに自己採点をして知識を広げるということを行いましたが、これはすごく有効でした。国立の本番では1日目の国語と数学でやや心が折れましたが、2日目の英語と日本史へとその気持ちを引きずらなかったことがよかったです。

この受験を通してわかったことは、自分の今の実力を正しく認識することはとても重要だということです。これから受験する方は、志望大学の問題傾向
と自分の実力を見極めて最後まで諦めないで努力を続けることを心がけてほしいです。自分のように絶対的に不得意な科目があっても希望を捨てないでください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

具体的な戦略や予定の立て方等を教えていただきとても参考になりました

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

理系の方でしたが実際の受験時の体験に基づくアドバイスが為になりました

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

センターとは一味違う難関大のレベルを知ることができます

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

その他

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

家族の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

兄が通っており、授業形式も自分に合っていたから

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
実戦力がつけられました

学力POS
わかりやすい!

担任指導
モチベーションが高まりました

 一橋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 6

夏期特別招待講習申し込み受付中!

東進の夏期特別招待講習申し込み受付中!

友達にシェアする