2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1440人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科二類

no image

写真

下田達也くん

東進ハイスクールたまプラーザ校

出身校: 早稲田高等学校

東進入学時期: 高2・2月

所属クラブ: ソフトテニス部

引退時期: 高2・11月

この体験記の関連キーワード

やったことを確実にすること

 僕は東進に入学したのが高2の2月というギリギリの時期でした。そのころの僕は基礎力が全くなく、高速マスター講座等は基礎力を上げたい僕にはぴったりの講座でした。僕はこの講座なしでは英語が得意になることはなかったと思います。東大本番では英語はあまり上手くいかなかったのですが、併願校の早慶は英語で8割以上がとれ、合格することができました。この講座を短期集中で修得し、自分のものにすることが合格への最初の一歩なのかなとも思います。僕は高3の4月までに例文までの完全修得を目指してやっていました。

僕は東大志望の人達とはあまりコミュニケーションをとる方ではなかったのですが、他の難関国立志望者や私大志望者とよく話をしていました。その人達とは勉強の話はもちろん、くだらない話もできて盛り上がり、受験のストレスをうまく解消することができました。後輩のみなさんには、そういった仲間を見つけて、お互いに切磋琢磨していってほしいなと思います。

失敗としては、1回1回の模試をおろそかにしていたことです。模試の復習を怠っていると、実力はなかなか上がりません。過去問も同じです。過去問は合格に一番近づく模試みたいなものだと思ってやっていました。やったことを確実にしていくことは非常に大切だと思います。成功としては、夏での集中だと思います。担任助手の方々に無理を言って6時30分に開けてもらっているのに6時すぎて来て勉強して閉館までいました。今思えばこの頑張りが合格につながったと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

常にポジティブにとらえていて元気をもらいました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

話をしていてとても落ち着けました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

とりあえずはじめのうちは模試のために勉強するのもアリです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

校門前での配布

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで勉強できるから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

気分のリフレッシュみたいなものとして使っていました。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 東京大学(理科) 】
これを10年分しっかりとやり切ることはとても大事です!東大受験のバイブルといってもよいでしょう。

 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 24

友達にシェアする