2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1440人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

一橋大学
社会学部

no image

写真

赤川まゆ子さん

東進ハイスクール三軒茶屋校

出身校: 明治大学付属明治高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 茶道部

引退時期: 高2・12月

この体験記の関連キーワード

苦手教科は早めに仕上げましょう

 私は高校1年の早い時期から東進に入り、志望校が決まるのも高1中ととても早い方でした。始めの1年は基礎固めで、週に4回ほど東進で勉強をしていました。高2の5月からは用事がない日はほぼ来て閉館まで勉強をしました。

私が特にみなさんに言っておきたいことは、苦手教科は早めに仕上げるということです。私は国語が苦手だったにも関わらず、センター試験本番レベル模試の復習をするだけで、他は受講のみという形で、センター試験本番レベル模試の点数は最後まで伸びませんでした。センター試験2週間前から焦り始め、過去問の追試、本試合わせて15年分を一気にやりましたが、結果本番でも満足のゆく点数は取れませんでした。

しかし、その後、私大の過去問演習で国語を解いている時に力がついていることが実感でき、点数もみるみる上がりました。ここからわかることは、必死にやった分、結果が出てくるのは結構後だということです。もう少し早くやっていれば良かったと後悔しないためのも苦手なものほど早めに仕上げましょう。

また、私は国立と私立のどちらも受けたため、過去問をどうやろうかと悩んだのですが、やはり私立が不安でも第一志望を徹底的にやるべきです。私の場合、私立は多くて4年、国立は点数配分が高い日本史は10年×2回解きました。そのため本番も自信を持っていけました。なので、一番行きたいところの過去問は妥協せず沢山ときましょう!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
自分の答案を丁寧に採点してもらえます。特に国立の対策として記述を見てもらえるのが良かったです。

担任指導
行き詰まった時にとてもよい言葉をいただいていつも立ち直っていました。他の塾よりもメンタル面のサポートはまさっているとおもいます。

Q
おすすめ講座
A.

【 一橋大日本史Ⅲ 近現代 経済と社会 】


 一橋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 12

友達にシェアする