2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1440人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

一橋大学
商学部

no image

写真

梁瀬優太くん

東進ハイスクール本郷三丁目校

出身校: 本郷高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: テニス 副部長

引退時期: 高2・1月

この体験記の関連キーワード

試行錯誤を通して掴んだ合格

 あなたが受験勉強を通じて得たものはなんですか?と問われたら、「自分に合った勉強法」と答えます。自分は極度の勉強嫌いだっただけでなく、学校で教師にあれやれ、これやれと言われるのはもっと嫌いだったので、何をやるべきか、何はやらなくて良いのかを自分で考えながら必要と思うことだけを勉強していました。実はこの方法は判断が主観的なものになりがちなのでリスキーな方法でもあります。それを避けるために自分が取り入れたやり方の一つが友達のやっている方法をなんでも一度は真似てみる、つまり試行錯誤を重ねるやり方です。例えば、英文の多読ばかりやってみるとか、社会科目で、ある範囲を他人が理解できるように説明してみるとか、ノートは取らずに板書をその場で覚えてしまうなどです。色々な方法を試している中で本当に自分に合う方法を見つけることができればそれは受験勉強だけでなく今後社会に出たときにも生かせると思います。ただこの試行錯誤を重ねて自分に合うものを選ぶ作業はとても長い時間を要します。だからこそ勉強は早く始めるべきだと僕は痛感しています。正直に言って、現役合格したいなら高3になってから自分に合う勉強法を探している時間はありません。もし高校1年あるいは2年から東進に通っている人は、グループ・ミーティングで友達をたくさん作ってどんな勉強をお互いにやっているのか共有して早いうちに色々試してみるべきだと思います。東進には優れた講座が山ほどあるけれど、最終的に合否を決めるのは、受け身にならずに、自分でよく考えて勉強できていたかどうかだと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分のやるべきことはなんなのかを自分で考える習慣がつきました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

第1志望を目指すことの大切さを学びました。色々考えながら勉強できてると言ってもらえたので自信を持って勉強できました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

回数が多いので毎回しっかりと受ければ自分の得意、苦手を見つけるのに役に立ちます。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

新聞折込チラシ

Q
東進を選んだ理由
A.

ひとりで黙々と勉強できるからです。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じ志望校の人がいたので問題を共有したりすることができました。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
センター対策に関しては、国立受験でセンターの結果が大事だったからです。一橋対策の方に関しては、 添削が付いていたこと、 全ての問題に解説授業が付いていたことです。

担任指導
校舎長との面談ではやるべきことを自分で考える習慣がついたからです。

Q
おすすめ講座
A.

【 入試英語@勝利のストラテジー 】
英文をいかにして読んで行くべきなのかをこの講座から学びました。それまでは単語さえわかれば英文は読めるものと思っていたがその考えを改めることができました。

【 難関大対策 自由英作文 】
英文を書く際に守らなければならないルール(ワンパラグラフ、ワンメッセージetc)を学ぶことができたおかげで慶應経済や一橋では英作文を得点源にできたと思います。



 一橋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 20

友達にシェアする