2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1441人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

名古屋市立大学
薬学部

no image

写真

小幡真由さん

東進衛星予備校中村公園駅前校

出身校: 名古屋大学教育学部附属高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: ブラスバンド部

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

皆さんのおかげで最後まで頑張ることができました

 私は高校の仲のいい友達が高校1年生から塾に通い始めたので負けていられないと思い東進に通い始めました。高1、2年生の時は平日の部活後に登校し、受講と高速マスター講座を行っていました。部活を引退してからは、毎日東進に来て勉強するようにしていました。私が受験勉強をするうえで一番大切だと考えていたことは、毎日何らかの形で継続して勉強することです。早い段階から勉強するくせをつけることが何よりも大事です。その面で東進は自分の好きな時に自分のペースで授業を受けることや自習することができて勉強を継続しやすい環境だと思います。

そして東進の良いところはやはり映像による授業です。自分のわからなかったこと、苦手な分野の授業を何度も繰り返して見ることができるのが最大の強みです。また、確認テストや修了判定テストで理解度をはかることができ復習すべきところが明確にわかります。理解を深めて知識の漏れをなくすことは成績の伸びにつながります。特に後輩の皆さんにお伝えしたい事は、東進のツールはすべて有効に活用すべき、という事です。

さらに、東進には相談や質問をできる相手がたくさんいます。私は困ったことがあるとすぐに校舎長や担任助手の皆さんに話をしていました。勉強の進め方、学校での出来事、問題のわからなかったところ。すべて親身になって聞いてくれた事が支えになっていました。勉強で行き詰ったとき一緒に話すことができる友達もいます。周りを見ると頑張って勉強している人がたくさんいます。私ももっと頑張らなくちゃ!と駆り立てられました。皆さんのおかげで最後まで頑張ることができたのだと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

各教科の勉強方法を考えてくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

上に同じ

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の苦手分野がどこかを2か月に一回確認することができ、弱点を把握し対策できます。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

通学途中にあるから。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター講座
基礎基本の徹底をすることで長文がすらすら読めるようになったから。

東進模試
苦手分野がはっきりとわかり弱点強化がしやすいから。

志望校対策特別講座
自分では採点のしやすい記述問題を丁寧に添削してもらえ、自分が間違えたポイントも明確に示してあるので復習しやすかったから。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル化学 有機化学 】
基礎的なことから発展的なことまで丁寧説明してくれるので化学を初めて習う人でもわかりやすいです。テキストにたくさん問題もあるから十分に演習ができます。

【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(難関) 】
問題の解説がわかりやすいです。数学的思考力を養うという点では志田先生の授業が一番だと思います。練習問題がたくさんあって良いです。

【 難関国立大総合英語 】
難しいレベルの長文を授業でたくさん扱うから予習が大変だったけれどその分力が付きやすいです。宮崎先生の授業は英語のコアな部分に迫っていく感じで良かったです。

 名古屋市立大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 7

友達にシェアする

志田晶先生

受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(難関)

どんな問題でも対応できる応用力を身につけよう!!

難関大に合格するための実力を養います。難関大レベルの問題を通じて思考力の習得を目指します。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関私大・難関国公立大合格を目指す生徒

宮崎尊先生

難関国立大総合英語

旧帝大レベルの国立二次・記述試験対策

厳選された質の高い英文素材を用いて、英文を読みこなすための思考力、作法を身につけていきます。旧帝大レベルの難関国立大における長文の「読解力」はもちろんのこと、各設問に解答するプロセスをていねいに解析することで、記述試験における「得点力」に磨きをかけましょう。※難関私大・国立大の両方を見据えた対策には「システム英語総合編Ⅵ」をお勧めします。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関国立大の二次記述試験対策をしたい生徒