2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1260人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
理工学部

no image

写真

中村開成くん

東進ハイスクール新百合ヶ丘校

出身校: 浅野高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 卓球部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

受験記の成功と失敗

 グループ面談と最寄り駅が同じ友人がいました。3年間同じグループ面談でよく一緒に帰る仲でした。11月の終わりごろのつらい時期からは毎日登下校を一緒にして笑いあったりしていたので精神的にかなり救われました。また受ける大学も同じくらいのレベルのところだったので相談もしあいました。また他にも同じ学校の友達とはよく昼飯を食べに行き、愚痴をたくさん言い合ったりしました。他にも東進では仲のいい友人が出来て、共につらい受験期を乗り越えることが出来ました。

受験を終えて振り返ると、成功例としては平日の朝自習と完璧な理解に努めたことが挙げられます。学校がある日は朝一時間早く行き自習していました。朝方の習慣もつきました。失敗例はたくさんあるのですが2つ挙げるとすると志望校決めの遅さと集中力の低さです。僕は本番直前で一気に成績をあげた人であったので出願するとき成績が悪く出願校の面で後悔しています。直前期も目標を高く持てば良かったと思いました。集中力の点については長時間自習室にいてもあまり進んでないときが多く、メリハリをつければ良かったと思いました。後もう一つ失敗例があるのですが中1から高2でほぼ勉強をしていなかったということもあります。もっとこうしておけば良かったというのがとても多くあります。

東進の中で一番のオススメ講座はハイレベル化学です。最初は本当に化学が嫌いで授業をあまり聞いていませんでした。そのまま10月になってしまいかなり焦りましたが思い切って60講ある講座を、この時期から全て本気で集中して見返そうと思いました。すると化学を全く分からない人でも完璧に理解できる授業をしていて一気に成績を伸ばすことができました。この講座がなかったら化学を使った学校は絶対にどこも受かってなかったと思います。

東進の皆さん、たくさんのアドバイスありがとうございました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

化学の勉強を諦めかけていたところ、モチベーションを高めてくれて最後まで頑張りきらせてくれました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

検索エンジン

Q
東進を選んだ理由
A.

友達が通っていたからです。

Q
東進のおすすめは?
A.

担任指導
グループ・ミーティングでは前向きに勉強ができる心が保たれ、担任の先生のおかげであきらめずに受験まで頑張り切れました。

部活生カリキュラム
部活を3年生まで続けながら通い続けることが出来ました。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル化学 理論化学 】
とでもわかりやすく、知らないうちに化学が出来るようになりました。

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
わかりやすく面白いです。英語が昔は全くできませんでしたが、この講座で英文法からできるようになりました。

 慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 9

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒