2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1442人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科一類

no image

写真

安田泰智くん

東進衛星予備校鹿児島中央駅西口校

出身校: 樟南高等学校

東進入学時期: 高1・3月

この体験記の関連キーワード

東京大学は本気で努力することに値する大学

 私は高校1年生の頃から東進に通っていましたが、高校2年生の夏まで全く数学以外勉強することはありませんでした。数学も自分の好きな分野ばかりで、受験には全く関係のないものでした。好きな分野を好きなだけ勉強することは非常に楽しかったですが、東進模試の成績は壊滅的でした。特に物理が酷かったです。東京大学理科一類を志望しているのにも関わらず、東大模試で1ケタ点台、センター模試でさえ5割超えることはありませんでした。高校2年生の秋になり、危機感を感じ、本気で勉強するようになりました。幸い勉強し始めた時期が比較的早く、時間を多く取ることができ、東大入試には間に合わせることができました。その中で私が大切に感じたことは、演習を過剰と言えるほど、自分が満足と言える点数を連続して取れる程に重ねたことです。特に東進の東大本番レベル模試の過去問を全てこなしたことは大きかったと思います。また担任の方の的確な指導は目標を見失うことなく、着実に実力をつけることができ、非常に助けとなりました。

東進の講座では東大対策国語の現代文講師である林修先生が素晴らしかったです。本番でも迷うことなく記述することができました。

東京大学を目指したことは非常に辛かったです。しかし、その過程で輝くような才能を持った人、非常に強い意志を持ち努力することを諦めない人などに出会うことができました。このことは貴重な経験となりました。そして、そのような人と同じ環境で好きな分野を学べることができることは東京大学を目指す一番の良い点であると思います。東京大学は本気で努力することに値する大学であると私は思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 東大対策国語 】


 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 11

友達にシェアする

林修・三羽邦美先生

東大対策国語

国語で差をつけて東大合格を引き寄せる

東大の厳しい要求水準を突破するために、東大国語の内実を徹底的に分析し尽くし、緻密な訓練を行う講座です。他大学とは次元の違う極限まで洗練された問題の本質にどこまで迫れるか、あの狭い解答欄にどこまでポイントを押さえて表現しきるか、さまざまな課題をクリアしながら、東大合格への基盤を固めていきます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:基礎力は十分に身についている東大志望者