2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1442人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科一類

no image

写真

川本惇之助くん

東進ハイスクール船橋校

出身校: 麻布高等学校

東進入学時期: 高2・4月

この体験記の関連キーワード

基本的な事を重点的に

 私が東進に入学したのは2年生の初めでした。しかし、2年生の頃はあまり受験勉強に本腰を入れておらず、その結果2月末の東大同日体験受験の英語で120点中18点という悲しい点数をとってしまいました。他の科目も似たようなものだったので、危機感を感じた私は難しい問題を解くときにも必要である基本的な事を重点的に学習することにしました。

夏休みまでは通期講座の受講をし、忘れかけていたことを思い出すために夏休みの後半にまとめて復習しました。復習の時は難しい問題を解くのではなく、テキストやノートの読み返しや易しめの問題を解くことで基本を定着させていきました。そのおかげで9月からの過去問演習をスムーズに進めることができたのだと思います。過去問演習の際は復習が大切なのは言うまでもないことですが、私は復習の時に間違えた問題の分野の基本的なことができるか確認するようにしていました。

年が明けセンター試験では非常によい点数をとることができましたが2次試験対策が伸び悩んでおり、直前期の東大本番レベル模試ではE判定をとってしまいました。このことの原因には年末年始にセンター試験対策を必死にやっていたので数Ⅲの基本的な部分を忘れてしまったのにあると思い、そこを勉強し直しました。その後は過去問演習などで2次試験の対策を進めていったのですが、本試験直前で抜けが無いか怖くなったので通期講座の復習をやり直しました。

私は将来目指したいものが明確に決まっている訳ではありませんが、東大で希望する学科に進むためにもしばらくは勉強を頑張らないといけません。そのときも基本をしっかりとやっていこうと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル化学 理論・無機化学 】


 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 8

友達にシェアする