2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1441人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
文科三類

no image

写真

岡田美里さん

東進衛星予備校北野田駅前校

出身校: 清教学園高等学校

東進入学時期: 高1・1月

所属クラブ: ダンス 副部長

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

正確な自己分析で東大合格へ

 私は高1の冬期講習の時期に東進に入学しました。高校に入ってから英語に苦手意識を抱くようになったので、東進の講座で英語の基礎を固めました。高3までに基礎固めができたことは大きな意味があり、また、東進だからこそ部活と両立して勉強ができました。その結果、高3までにセンター試験の英語で9割が取れるようになり、部活を最後までやり遂げたという事実は自信となり、受験勉強の中で不安になった時の支えとなりました。

受験勉強において最も大切なことは自己分析だと思います。自分に合う勉強法というのは人によって異なります。私は多くの合格体験記を東進のウェブサイトで探して読み、自分の勉強法を確立していきました。私は時間に追われている方が集中できると思ったので、タイマーをかけながら勉強していました。そして、自己分析は定期的に行うことが大事です。模試の成績が返却される度に、自分の弱点を確認して、勉強の計画を立て直していました。また、予備校や学校の帰り道で、その日の勉強時間や、内容を振り返って、無駄がなかったかどうかを確認していました。自己分析を正確に行うために、多くの先生のアドバイスを活かしました。正確に自己分析ができていなかったら志望校の合格は掴めないと思います。

高3になってから本格的に志望校の対策を始めました。私は受験勉強に対して苦しくて、恐いイメージを持っていました。しかし、高3になると、一緒に自習室に残って勉強していた友人との絆が深まり、熱心に支えてくれる先生、家族への感謝の気持ちが生まれました。そして何よりも、勉強をすればするほど、知らないことばかりだったことに気づき、知ることの楽しさを実感することができました。勉強を楽しむ心の余裕と受験をともに戦う友人がいればきっと志望校に合格することができると思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分の苦手な科目や分野に合わせた講座をすすめてくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

センター模試を二か月に一度受験していたことで、本番でもあまり緊張しなかった。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

テレビCM

Q
東進を選んだ理由
A.

部活と両立できると考えたため。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
返却が早い。センター模試がこまめにある。

Q
おすすめ講座
A.

【 東大日本史 近代・文化編 】
東大日本史を研究し尽くされて行われる授業はとても質が良く、また講師の説明もわかりやすかった。

 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 28

友達にシェアする