2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1000人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
看護医療学部

no image

写真

宮部遥さん

東進ハイスクール静岡校

出身校: 静岡雙葉高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: コーラス部 副部長

引退時期: 高2・9月

この体験記の関連キーワード

受験は団体戦

 私が受験勉強を通して1番感じたことは、地道に継続することと最後まで諦めないことの大切さです。

私が東進に入ったのが高2の12月で、最初は周りの友達が受験勉強を始めたのを見て、自分もなにかしなくてはと思って何となく招待講習を受け、東進に入りました。

東進では担任や担任助手の先生が受験勉強をどう進めていくか、自分には何が足りないかを沢山アドバイスをもらったり、グループ・ミーティングで友人と競い合いながら、励まし合いながら勉強を進めていきました。

わたしは英語が苦手だったので、東進では英語を主に勉強していました。
何をすればいいかもわからなかったけれど、受講や高速マスター講座を進めていき、少しずつどのように勉強をしていけば良いか分かっていきました。
今振り返ると、この時期に単語や文法の基礎固めをしっかりやったことが大切だったと感じています。

また、東進では定期的に同レベルの模試があるので、自分に何が足りないか、どこを伸ばすことが出来たかを把握できて、勉強の計画が立てやすかったです。

受験勉強はほとんどが辛いことばかりで、たくさん悩んで、何回も勉強から逃げたくなることもありました。けれど友人や東進の担任や担任助手の先生に沢山支えてもらい、最後まで諦めずに乗り越えることが出来ました。
受験勉強には正解がないと思います。これをやったから受かるとか、やらないから受からないということもありません。だからこそ先が見えず、苦しいことの連続でした。けれど、やって無駄なことは1つもなかったと今実感しています。受験勉強は個人戦と言われることもありますが、私にとっては団体戦でした。後輩の皆さんも、周りの方と支え合い、諦めずに頑張ってください。

最後になりますが、支えてくれた家族、友人、先生に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

家でも受講できること。
自分のペースで勉強ができる。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

友人とどのくらい勉強したかなど競い合ったり、支え合ったり、励ましあったりしました。息抜きにもなり、やる気が出ました。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター講座
いつでもできるので、受験期も活用していました。

過去問演習講座
センター試験前1ヶ月くらい毎日何回も何回もやっていました。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
楽しみながら、文法の基礎を固めることが出来ました。何回も復習しました。

 慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒