2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!668人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

一橋大学
経済学部

no image

写真

浦三月くん

東進衛星予備校金沢本町校

出身校: 星稜高等学校

東進入学時期: 高1・4月

この体験記の関連キーワード

各科目のおすすめの勉強法

 僕が受験勉強を始めたのは2年の夏です。それから3年になるまでは定期テストを除いてセンターの勉強に打ち込みました。きっかけとして挙げられるのは、担任助手の方が3年次には皆勉強するのは当たり前であり、2年でどれほど頑張ったかが合否を分けると言ったことです。

今井宏先生の講座で英語を磨き、東進や学校の教材を用いて数学の苦手克服を図りました。英語はとりあえず単語の大体の意味を覚えるのが良いです。数学はやみくもに演習せず、単元ごとにつぶしていきます。次の模試では数列、次の模試では三角関数というふうに。まとめてやると共倒れする確率が高いです。歴史科目は暗記科目であり、早期にやっても意味がないと思うかもしれませんが、一度履修しておくことで2周目以降が速くなるというメリットがあります。

最初に自分の受ける大学の受験科目、傾向を調べましょう。一橋であれば、世界史においては中世ヨーロッパ、朝鮮・中国が頻出であるという特徴があります。全体をくまなく勉強するのも必要ですが、まずは頻出部分をするべきです。あとは適度な息抜きを交えつつ、やる気がないときでもとりあえず学校ないし塾という集中できる空間に赴いて勉強するだけです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
僕は高校受験失敗と同時に勉強を開始し、1年の6月には数学ⅠAを一通り終わらせました。そのこともあってか2年になるまでにはⅠAが安定したため、他の教科に打ち込むことができました。数学と英語は一度理解してしまえば、しばらく衰えることはありません。また、忘れてしまった場合でも思い出しやすくなるため、復習が楽になります。暗記が大事といわれる歴史科目においても同様です。確かに早期に始めてもほとんど忘れてしまうのですが、二度目以降の暗記速度がかなり速くなります。直前に始めると、焦って何もできないと思います。

 一橋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 11

友達にシェアする