2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1260人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

筑波大学
情報学群

no image

写真

村上皓亮くん

東進ハイスクールつくば校

出身校: 常総学院高等学校

東進入学時期: 高2・8月

所属クラブ: 科学部 部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

苦手得意をデータ化してくれたので本当の実力と向かい合うことができた

 「もしかしてやばい?」高2の夏、自宅に届いた招待講習の案内を見て、ふと考えました。部活に明け暮れ学校の課題をそこそこにこなし、友人と笑い合っていれば万事がうまく行っていた生活の中、今思うと僕はひよっていたのだと思います。

当時、筑波大学を志望しているといいながらも入試形態を知らず、過去問も見たことがなく、全くアテにならないハリボテのA判定を振りかざすエセ受験生でした。僕は招待状を読みながら自分の無知を悟り、文頭で述べた「もしかしてやばい?」という感覚を抱きました。

東進入学後、受験生がするべきことをサポートしてくれる豊富なコンテンツに助けられました。自分は何が分からないのか? そしてそれをどのように克服していくかをという方法を自ら考え、自分にとっての受験勉強に関するベストプラクティスを導き出し実行しました。

自分にとっての苦手科目、得意科目をぼんやりと意識するのは簡単ですが、自分の都合の良いように書き換えてしまいがちです。東進ではそれらをデータ化し、きちんと管理してくれたので本当の自分の実力と向かい合うことができました。これを見ている皆様が、突かれたら痛い苦手をまったく持っていないとは思いません。まずは、それを自覚してしっかりと向き合い、1つ1つ解決していくことが大切です。皆様の受験の旅路に幸多からんことを願います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分の成績を第三者の目線より正確に捉えていただきました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験について無知だった自分を啓蒙していただいたとともに、受験生として何をすべきかを教えていただきました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

周りの友人が東進に入学し始め、良い評判を聞いていたので興味を持ち、体験講習を受け、授業内容に満足したから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

一週間を振り返ることで、自分が何ができたか、何ができなかったかを認識できました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

先輩、後輩、顧問の先生などの上下関係認識したこと。仲間と協力して何かを成し遂げる喜びを知ったこと。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

塾内合宿:校内に泊まるという非日常のなか、ほかの参加者と協力する感覚が得られたこと。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

3年9月の難関大本番レベル記述模試で失敗したこと:同じ経験をもった担任助手の方と話す事でこれから頑張ろうと思い直しました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

悪かった結果を見て焦燥感を感じることで自分を奮い立たせていた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

自分のやりたい研究があったため。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

宝石の原石を磨き上げるような行為。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

将来、私はセキュリティエンジニアとして、より一層これから発達する情報化社会を支えていきたいと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

学力POS
学力POSでは学生の持つすべてのデータを確認することができるから。また、PCだけでなくスマートフォンでも確認できるのでいつでも確認できた。

担任指導
大学生という自分たちの一段上の存在でありながら、受験を経験した身近な存在として受験生のサポートをしてくれたため。

過去問演習講座
自分の志望校の問題を解き、実力を測るとともに、10年間分という十分な分量を演習することで、受験生自身がその大学の傾向を感じられるため。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 PART1 】
受験で物理を使用する学生にとってすべての基礎となる力学を公式丸暗記でなく、確実に理解ができるように説明してくれたため。

【 過去問演習講座 筑波大学(全学部) 】
自分の志望校の問題を解き、実力を測るとともに、10年間分という十分な分量を演習することで、自分自身がその大学の傾向を感じられたため。

【 入試対策:センター試験対策現代文(90%突破) 】
現代文の本質的な理解ができたため。

 筑波大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5

友達にシェアする

出口汪先生

入試対策:センター試験対策現代文(90%突破)

一貫した読解法でセンター現代文を攻略

「そこそこの点は取れても、高得点は取りにくい」センター現代文ですが、一貫した論理的読解法を身につければ、高得点は「取れて当たり前」であることを、本講座では実感してもらいます。本講座に取り組むことは、センターのみならず、二次・私大対策にも大きな相乗効果をもたらすことは間違いありません。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関大を目指して、センター現代文で「絶対に高得点を取らねばならない」生徒