2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1256人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

夏期特別招待講習申し込み受付中!

東進の夏期特別招待講習申し込み受付中!

立教大学
法学部

no image

写真

永井紗理香さん

東進衛星予備校成田駅東口校

出身校: 成田高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: 華道部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

成績や苦手科目に合わせて一緒に立てた計画で効率よく勉強できた

 私が東進に入ったのは高2の1月でした。親に勧められたのがきっかけになり、体験授業を受けました。私が受けたのは今井先生の授業だったのですが、わかりやすいのはもちろん、面白いしためになる話もたくさん聞けて東進に行くのが楽しかったです。そして入学を決めました。

私の受験勉強のなかで一番大変だったと思う時期はゴールデンウィークです。それまで私はほぼ毎日通っていたものの、1日多くても5時間程度だったのですが、面談で1日中勉強するという計画になり初めはとても不安でした。1日目が終わった時は本当に疲れてこれがまだまだ続くと思うと頭が痛かったです。ですが、だんだん慣れてきて休憩の取り方や教科ごとの時間配分などを自分で考えられるようになりました。この勉強の成果は直近の模試に表れ、自信になりました。また、この時期から長い時間勉強することで夏休みに急に頑張るということでなくいつも通りという感じで勉強できました。

部活動は華道部でした。週1回の活動だったので、部活動自体はそれほど大変ではなかったのですが、夏は野球部の応援に参加したため時間をとられ、夏休みのスタートがみんなより少し遅れてしまったので焦る気持ちもありました。しかし、終わってからは気持ちを切り替えて勉強に集中するようにしました。

担任助手の方が私の成績や苦手科目に合わせて一緒に計画を立ててくれたので効率よく勉強できました。キツイ計画でもやってやるという気持ちになり、モチベーションにつながった。

大切なのは学校の定期テストだと思います。東進に入るまでは定期テストはしっかり取り組んでいました。逆に言えば、定期テストしか勉強していませんでした。東進に入ってからは一般受験をすると考えていたので受講は滞らせたくないけれど、学校の成績も落としたくなかったので時間の使い方に悩みました。そこで私はテスト期間にテスト勉強をするというのをやめて普段の学校の授業により集中し、テスト期間は少し復習すれば良いだけにしました。ですが、苦手科目はやはりそれだけでは時間が足りないので担任助手の方に教えてもらったりしてなんとか両立しました。

辛い時期は一般受験ではなく妥協して絶対にとれる指定校を選んで早く終わらせたいと考えることもありました。ですが最後まで一般受験対策をしていたので、もし立教の指定校がとれなくても私には一般受験という選択肢が残っているから大丈夫と言い聞かせてテストを受けました。結果的に指定校をとれたので良かったですが、それは一般受験の対策をしていたからだと思います。推薦を取ろうと思っていてもうまくいかないこともあると思うのでいろんな選択肢を用意しておくことが大切だと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試ごとに成績を分析して評価してくれるので、やる気が出た。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

私の成績や苦手科目に合わせて一緒に計画を立ててくれたので効率よく勉強できた。キツイ計画でもやってやるという気持ちになり、モチベーションにつながった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分のやらなければいけないところが分かる。志望校との差のグラフは見やすくモチベーションになる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

塾を探していたときに家と学校から近く、冬季講習のはがきが来ていたので体験に行った。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

メリハリをつけて勉強することが大事だと思う。東進にきたら勉強モードに切り替える。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

長い時間勉強することに初めは抵抗があったけど休憩をとる時間やどの教科をいつやるかを考えて自分の勉強スタイルを作っていった。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

自分が志望校に合格したらやりたいことを考えてやる気にしていた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

オープンキャンパスと体験授業に参加して、生徒の人や学校の雰囲気がとてもイキイキしていて自分もここで学びたいと思ったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

人生で一番勉強して一番つらかったけれど諦めずに最後まで努力し続ける大切さを知った。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

人が望んでいることに見つけ、それを実行できる人になりたい。将来は、航空会社に就職したくさんの国の人と関わりたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
速いペースで学習していくので、頭に残りやすい。繰り返し行うことで記憶が定着していったと思う。

東進模試
結果が速く届く。グラフで志望校との差を表していてわかりやすい。

過去問演習講座
センター対策は、かなり多いので力がついたと思う。大問別で苦手分野を復習できる。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
わかりやすくて面白い。大学や将来の話もしてくれるので、モチベーションになった。

【 板野博行のハイパー現代文 】
解き方のコツを丁寧に教えてくれるので、すぐに実践できる。

【 基礎からの的中パワーアップ古文(ゼロから始める文法編) 】
基礎から教えてくれるので苦手意識が無くなった。

 立教大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

夏期特別招待講習申し込み受付中!

東進の夏期特別招待講習申し込み受付中!

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

板野博行先生

板野博行のハイパー現代文

さらにパワーアップ! 現代文をおいしく食べよう!

入試現代文のエッセンスをつめこんだ授業を展開!ゴロゴのパターンの威力を実感してほしい。平均的な偏差値上昇カーブは、4月→偏差値40、7月→偏差値50、10月→偏差値60、入試直前→偏差値70。す、す、すごい。偏差値上昇記録は昨年も更新者が出た。28→80の52アップだ!(もちろん早稲田大政治経済学部合格!)ほかにも38→84という報告もあり! 今年もこの記録に挑戦するチャレンジャーを待っているぞ。とにかく現代文なら、どの私立大学でも狙える位置にまで諸君を引き上げる。効き目を試したい諸君と授業で会えることを楽しみにしている。百聞は一見にしかず! 取らなきゃ効き目はないぞ!

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:私立大学中堅校~上位校を目指す生徒