2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1243人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

自治医科大学
医学部

no image

写真

片山あみさん

東進衛星予備校倉敷駅前校

出身校: 広島大学附属福山高等学校

東進入学時期: 高1・3月

所属クラブ: 邦楽

引退時期: 高2・11月

この体験記の関連キーワード

一人で悩まずに相談する

 高校2年生までも最低限度の学習はしてきたものの、悔いが残らないように受験をやり切ろうと決めた高校3年生の春から約1年、私が行ってきたことは目前の課題を焦らず、着実にこなしていくことでした。模試を受けたり担任の先生方と話をしたりするたびに、至らない点が山ほど突き付けられて焦りが生じ、一度になるべく多くの課題を解消したくなり、がむしゃらに勉強をしたくなる気持ちもわかります。しかし受験生活を終えた今振り返ると、受験は長期戦です。焦らず、スモールステップでいいので一歩一歩着実に基礎的なところから自分の知識を固め、思考力などを鍛えていくと気付いた時には沢山のことができるようになっています。

模試などを目標に定め、定期的に自らの課題を設定して勉強を行っていくと思いますが、私達生徒にとっては大学受験は初めてです。自らでは気付きにくいですが、自身が立てた課題では要領が悪かったり効果的ではなかったり、より効率の良い課題があったりする場合があると思います。なので大学受験を既に経験済みの担任助手の方や、大学受験を知り尽くしている担任の先生方の指導を仰ぐことも非常に大切なことだと実感しました。

明確な目標と課題を定めることは非常に大切ですが、それを着実にこなすことが学力をつけるうえでは最も大切であることをお忘れなく。その過程でも東進の学習環境を利用し尽くすとよいと思います。

しかしいくら着実に勉強をしていても、結果として表れないように感じ、不安になることもあるかと思います。そのようなときは直近の模試の結果ではなく例えば半年前の結果と見比べててみると明らかなる伸びを感じることができるはずです。東進の学力POSから簡単に以前の模試をチェックすることができますから。「私は少しづつでも成長している」という前向きな気持ちをもつことで受験勉強そして受験に前向きに取り組め、望ましい結果が舞い込んでくる可能性が高まるのではないかと思います。

また勉強をしていくうちに自分の進路について今まで以上に深く考え、進路変更をしたくなる時が来るかもしれません。受験勉強が本格化する前に自分の進路について葛藤し、固めておくことが望ましいですが、実際私自身、受験期でも将来やりたいことが沢山ありすぎて、進路はブレブレでした。そのときは一人で悩まずに相談するのが一番です。東進の先生は成績という現実的な話も交えつつ、しっかりと相談に乗ってくださると思います。悔いのない進路選択をすることも大切なことですよ。

現役生の伸びはすさまじいものがあります。入試直前期まで本当に学力が伸びます。数日前まで4割しか取れなかった大学の過去問が、過去問演習講座で正しい解き方を習得するだけでコンスタントに8割以上の得点をだせるようになった、ということもありました。多くの入学試験は当日の得点のみで決まります。その日に最高な状態に持っていくためにも不断の努力はもちろんのこと、直前期は心と体のケアもお忘れなく。

以上のことはあくまで私の経験と感覚に基づくことです。皆さんが各々自分に合った方法を模索する際の一助となれば幸いです。東進で高い志を持つ仲間たちと切磋琢磨しあいながら勉強を続け、皆さんが第一志望校に合格できることを心より祈っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

毎回の面談で私の学習指針を伝えると的確なアドバイスを伝えてくださった。やる気を与えてくれたり、励ましてくれたりした。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

講座の進捗状況を俯瞰的にアドバイスしてくださった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験同日体験受験

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

質の良いテストを適度な緊張感の中で受けられる貴重な機会なので積極的に参加したほうがいいですよ。とくに国公立志望の人は自分のスタート位置を知ることができるいい機会だと思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

東進の立地的に夜道を一人で歩かなくてもよく、かつ体験時に感じた雰囲気でここなら集中して勉強ができると思ったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングで培った東進内の友情が受験直前期の精神の安定に役立った。グループ・ミーティングの残り時間数分の雑談が楽しくて、受験中盤のつらい時期を乗り越えられた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

高校生として部活や学校行事を積極的に行うことは、楽しみながらマネジメント能力を鍛えたり、困難に立ち向かう強靭な精神力をつけられる。受験も部活動の試合みたいなものなので、本番で最高のパフォーマンスを行う経験を積むことができる。今年度の文化祭ではクラスのまとめ役をした。受験生なので準備期間がたった3日間だったが無事に模擬店を作り、商品を完売させた。「数日後の模試までに予定が終わらないかも」と焦った時も「3日でクラス展示を完成させたから大丈夫」と思っていた。行事や部活が受験勉強の大きな支えとなった。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

秋頃は模試も重なり、やることも膨大になり、迫りくる受験に対する不安から心身共に辛かった。ただ周りには同じ境遇の友達がたくさんいて、皆が頑張る姿に同調して私も乗り越えることができた。そして、浪人したらこの辛さがもう一度やってくるかと思うと怖すぎて、辛さから逃げることなく勉強を続けられた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

大学の教育と環境と設備と卒業後のキャリア形成プログラムがよかったから。学費、入学費が無料かつ、寮が破格だから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分を見つめなおし、自分の潜在能力を極限まで引き出せ、ひとつのことに没頭した青春の営みの一つ。自己マネジメント能力、時間管理能力、精神力を鍛えられたもの。多くの素敵な仲間たちと出会わせてくれたもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学では実学的なことを学ぶので、それを生かして、地域住民の医療福祉を支えていく人材となりたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

学力POS
模試の成績の閲覧から自宅受講までPOSを開けば受験勉強に必要なツールがまとまっておりかつスマホからでも見られるので非常に便利だった。

過去問演習講座
解説授業がよかった。

担任指導
担任の先生方が敏腕だったので合格まで導いてくれた。

Q
おすすめ講座
A.

【 西きょうじの飛翔のための英文読解講義(応用) 】
難しい英語の入試問題に対応できる力をつけられる。目から鱗

【 ハイレベル生物 PART1 】
生物の初学者にもわかりやすく、教科書の行間など生物の本質的な説明がされるため、最小の努力で生物をマスターできる。映像による授業なのに緊張感をもって授業を受けられる。講の終わりの演習問題も良問ぞろい。

【 難関大対策理系数学演習 】
この講座を通して数学的思考力を鍛えることができた。添削もついていて、答案の書き方も指導してくださる。

 自治医科大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 8

友達にシェアする