2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1243人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

駒澤大学
経済学部

no image

写真

石谷拓海くん

東進ハイスクール松戸校

出身校: 松戸国際高校

東進入学時期: 高3・8月

所属クラブ: 野球部

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

学力が伸びなかった時、背中を押して自信を持たせてくれた

 東進へ入学した時期は高校3年の8月、きっかけは姉の勧めでした。東進のおすすめ1つ目は高速マスター基礎力養成講座です。理由は、常に管理されているからです。映像の授業だからと言って全てをまかせっきりにされるのではなく、担任助手の方々に「いつまでにここまでを終わらせる」など、ある程度決められていたおかげで受験勉強の中で最も大事であり雑になりがちである基礎の部分をしっかり固めることができます。そして担任助手の方々は生徒がいつどれだけ活用しているかを、確認することができるので、さぼることができません。

東進のおすすめ2つ目は担任指導です。理由は、12月まで週に1回あるグループ・ミーティングでは生徒数人と担任助手の先生で1週間の予定を決めます。ここでもやるべきことをしっかりと管理していただけるので、何をしたらいいかわからない日がなくなります。やるべきことがわかると自分の勉強に自信が出ます。逆に自分の勉強が不安だと、質も下がってしまい学力も伸びづらくなってしまいます。

東進のおすすめ3つ目は東進模試です。理由は、模試を行った日から結果返却までの日数が短いことです。他の塾の模試と比べて驚くほど早いです。受講講座のおすすめは、スタンダード日本史Bです。日本史は覚える量が多いため、1度では覚えられないことが多くあります。しかし、映像による授業なので何度も見ることができます。そのため、より流れを覚えることができます。おすすめの模試はセンター試験本番レベル模試です。センター形式の問題なのでより意識して解くことができ、自分の苦手も明確に知ることができます。

担任の先生の面談では、受験だけでなく将来のことまでを見据えた面談だったため、いつもとは違った方向からの刺激になりました。担任助手との面談では、年が近いため話しやすく、受験をした先輩としてのアドバイスなども多くいただけるのでとてもありがたかったです。学力が伸びなかった時に、いつも背中を押して、自信を持たせていただいたことも多かったです。
高校の部活は、3年の7月まで、野球部に所属していました。活動日はほぼ毎日でした。

将来の夢は細かくは決まってはいません。しかし、東進の掲げている目標のように、世界で戦い、活躍できる人を目指しています。そのために今できること、TOEICや資格の勉強などを後回しにせず、後に後悔しない生き方をします。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験だけでなく将来のことまでを見据えた面談だったためいつもとは違った方向からの刺激になりました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

年が近いため話しやすく、受験をした先輩としてのアドバイスなども多くいただけるのでとてもありがたかったです。学力が伸びなかった時に、いつも背中を押して、自信を持たせていただいたことも多かったです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

おすすめの模試はセンター試験本番レベル模試です。センター試験形式の問題なのでより意識して解くことができ、自分の苦手も明確に知ることができます。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

姉の勧め

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースでできるから

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

周りの生徒と自分の学習時間や結果を見比べることで、勉強へのモチベーションを上げることができました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

将来の夢は細かくは決まってはいません。しかし、東進の掲げている目標のように、世界で戦い、活躍できる人を目指しています。そのために今できること、TOEICや資格の勉強などを後回しにせず、後に後悔しない生き方をします。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
理由は、常に管理されているからです。映像による授業だからと言って全てをまかせっきりにされるのではなく、担任助手の方々に「いつまでにここまでを終わらせる」など、ある程度決められていたおかげで受験勉強の中で最も大事であり雑になりがちである基礎の部分をしっかり固めることができます。そして担任助手の方々は生徒がいつどれだけ活用しているかを、確認することができるため、さぼることができません。

担任指導
12月まで週に1回あるグループ・ミーティングでは生徒数人と担任の先生で1週間の予定を決めます。ここでもやるべきことをしっかりと管理していただけるので、何をしたらいいかわからない日がなくなります。やるべきことがわかると自分の勉強に自信が出ます。

高速学習
理由は、模試を行った日から結果返却までの日数が短いことです。他の塾の模試と比べて驚くほど早いです。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B PART1 】
受講講座のおすすめは、スタンダード日本史Bです。日本史は覚える量が多いため、1度では覚えられないことが多くあります。しかし、映像の授業なので何度も見ることができます。そのため、より流れを覚えることができます。

 駒澤大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3

友達にシェアする