2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1260人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

岡山大学
教育学部

no image

写真

甲元昌也くん

東進衛星予備校津山山北校

出身校: 津山高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: 科学部

引退時期: 高3・月

この体験記の関連キーワード

一日でも早い入試対策をお勧めします

 僕は東進に入るまで自分で勉強する習慣が無く、学力も伸びていなくて校内でも追いついていくのがやっとでした。しかし、友達に2年生の12月に誘われたことで東進に入ると、学習の習慣が身について一日の勉強時間も5倍くらい増えました。

講座は僕自身が勉強ができなかったこともあり、基礎を学習できる吉野先生の古文を取り文法力、単語力、読解力を時間はかかったものの向上させることができました。またセンター対策では数学Ⅱ・Bと現代文の講座を取りました。数学に関しては入試対策:センター試験対策数学(70%突破)を取ったのですが、志田先生のわかりやすく丁寧な解説のおかげで問題の解き方のプロセスを学ぶことができました。あとは化学の講座を無機化学と有機化学を取ったのですが、これは非常に良かったと感じています。私自身、難関大を目指していないことからスタンダード化学を取りました。

理系の方々に向けてという形になってしまうのですが、無機化学と有機化学については予習をすべきだと思います。理論化学と異なり暗記中心になってくるので時間をかけて学習するべきだと思います。また講座も3-4周して内容を100%頭に入れることで、定期テストはもちろんセンター試験や二次試験に直結させることができます。

僕は東進で勉強するメリットとして周りにたくさんの共に勉強する仲間がいることだと思います。例えば集中力が切れてしまったときに周りを見渡すことで皆が集中して取り組んでいる姿を見て、自分のモチベーションを向上させることができました。毎日来て日常化したことで楽しく勉強できたという風に感じています。

最後に入試について書こうと思います。僕は推薦入試で合格したのですが、推薦の勉強もかなり時間をかけて放課後も学校に8時くらいまで残って対策することもありました。そのことから普段の勉強に時間をあまり割くことができなかったので、もし推薦入試を考えているのであれば、早めにセンターの目標点に近い点を出してから推薦の勉強に取り組むべきです。もし、入試に落ちていたら、僕は少しまずかったかもしれません。後輩の皆さんには一日でも早い入試対策をお勧めします。頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

苦手教科に対してどう取り組んでいくとよいのかを教えてくださったことです。そのおかげであきらめることなく取り組むことができました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

本来二日でするものを一日で終わらせるので精神力を養うことができます。一番よかったものは復習しやすいことです。学校の模試だと解説が冊子で読むのが大変なことも、授業形式で解説があるので気楽に復習できました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

東進を選んだ理由としては三つあります。まず一つ目は、継続して勉強ができる環境です。僕自身家では勉強を全くしていないので、東進で閉まるぎりぎりまで残って勉強をして、家に帰ると寝て次の日の授業を迎えることができました。ある意味生活リズムの改善にもつながりました。二つ目は友達にわからないことをいろいろ聞くことができたからです。先生だと質問できないようなことも聞くことで自分の学力を向上させることができました。三つめは、模試が充実していることです。年に6回ものセンター試験本番レベル模試があり、その都度自分の苦手分野を発見して克服に役立てることができました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ内で一週間の目標を決めることで皆の足を引っ張らないように気を抜くことなく努力できました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

勉強自体東進に入ってからちゃんと始めたので始めはグングン点が伸びましたが、3年の6月くらいになると急に伸び悩みました。そんな時でもまだ自分は伸びると信じてあきらめず、毎日勉強したことでさらに学力を上げることができました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

寝ること。ご飯食べること。これに尽きます。規則正しい生活リズムを送ることで集中力、やる気をいい状態に保ったまま勉強できました。あと室内にずっといると眠たくなるので、そんな時にはトイレに行くか、外を少し歩いたりしました。そうすることで気持ちを切り替えて勉強することができました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

元々今まで生活してきた地元何かの形で恩返ししたいと思っていました。その中でも教えることが好きなので、教師として地元に貢献したいという風に考えました。僕の受けた大学には多くの研修があったことやその中でたくさんの地域の魅力を感じられる機会が多いと思い、将来教師として活かすためにこの大学にしました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

欲望との戦いでした。受験勉強を本格的に始めるまでは毎日ゲームをし、テレビをだらだら見ることが多々ありました。受験勉強を始めるとテレビを見る機会も減ってその分を勉強する時間につぎ込むことができました。その中でもやはりゲームしたいという気持ちを抑えながら受かったら思いっきりやってやろうという気持ちで頑張りました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

特に学力の低い中山間地域で教師として働き、子供に都会ではできない自然を活かした教育方針で勉強を楽しく教えたいと思っています。自然学習の中で養った思考力を将来的には研究の中などで使ってもらえるように、こどもたちの思考の幅を広げられるようにがんばりたいと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
特に無機化学と有機化学は役立ちました。暗記中心になっていることから学校の授業だけでは覚えることが難しいこともあらかじめ東進の講座で勉強することで、理解した状態で授業に挑むことができました。

東進模試
センター試験本番レベル模試は問題が解けたことが普段の学習の自信につなげることができました。また解説授業も次の日から見れることから、忘れないうちに復習することで効率よく身に着けていくことができました。

過去問演習講座
ただただ過去問を解いていくのではなくて10年分の講師による解説授業がついていたことから、わからなかったところを理解するだけでなく、時間を短縮する解き方もわかってよかったです。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード化学 理論・無機化学 】
基礎を中心としていたのでわかりやすくてよかったです。復習用にある問題も解けなかったら、また授業に戻ってみることで解けるようになったりと、とてもよかったと思います。

【 吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文 】
吉野先生のユーモアのある授業でとても面白く、楽しく古文を学ぶことができました。おかげで文法も全く分からなかったものが、古文アレルギーも解消できて好きになってきました。苦手な方にはぜひおすすめです。

 岡山大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 2

友達にシェアする

吉野敬介先生

吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文

単語・文法おいしいとこどり! 超頻出文章で的中間違いなし!

どんなに古文が苦手な君でも、古文大好き人間に変えてしまい、一気に合格点を取らせる連続集中講義だ! まずPART1の古文文法で「おいしいとこどり」で超出るところだけやっていく。センターの文法ならばっちりで、今まではずしたことは一度もない。そのツボをしっかりと押さえた上で、PART2以降は超頻出の文章だけを扱い、丁寧にわかりやすく、何度もくり返し問題の解き方を伝授していく! 過去の問題を分析し、研究しつくされた配列で、君の頭をバッチリ整理するぜ! 古文はもちろん、受験を勝ち抜く「やる気」が燃え上がるドラマチックで熱い講義を体験してくれ。PART4が終わった後、君は古文大好き吉野大好き人間に変身している。(必ずPART1から順に受講すること!)

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:古文アレルギーをなくして、古文を得意科目・得点源にしたい生徒