2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

岡山大学
環境理工学部

no image

写真

福良紗麗さん

東進衛星予備校徳島阿南校

出身校: 富岡東高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 書道部

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

好きではなかった化学が好きになり、進路を決めるきっかけになった

 東進に入学したのは高校一年生の春で、友人に勧められたのがきっかけでした。

東進には合格に必要な様々なカリキュラムが整っています。東進のセンター試験本番レベル模試は、全国レベルで見た自分のレベルが知ることができ、また実際の入試形態を知ることができます。高速マスター基礎力養成講座は、空き時間に利用ができるため時間の有効活用ができます。特にアプリをダウンロードすることをおすすめします。

受講講座の中では、「吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文」をおすすめします。教え方が大変わかりやすく、語ってくださる雑談が思わず笑ってしまうほど面白いです。吉野先生のおかげで、センター本番の国語では、八割をとることができました。また化学の講座も大変丁寧で分かりやすく、好きではなかった化学が好きになり、自身の進路を決めるきっかけにもなりました。

岡山大学は高校一年生の時からずっと行きたかった大学で、第一志望に入学できることを大変うれしく思っています。将来は大学院へ進み、人の役に立てるような環境系の研究職に就きたいと考えています。

ここまでくることができたのも、支えてくれた両親、友人、学校の先生方、東進の先生方のおかげです。日々感謝の気持ちを忘れず、アドバイスは素直に聞き入れ第一志望に合格してください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

親身になってくれる。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

日々の癒しになる。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

入試形態を知ることができる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

空き時間を利用できる高速マスター基礎力養成講座に魅力を感じたから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

思い出ができます。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学のパンフレットを眺める

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

東進や学校で習う化学を通してもっと勉強したいと感じたため、環境と化学の融合に力を入れている岡山大学環境理工学部を志望しました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

つらいが乗り越えた先には最高の喜びがあるもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

人にも環境にも優しい製品づくりができるようになりたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
空き時間の有効活用

東進模試
入試形態を知ることができる

実力講師陣
教え方が大変丁寧で分かりやすい。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード化学 理論化学 】
理論化学が原理まで理解できる

【 吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文 】
古文の文法がスラスラ覚えられる。

 岡山大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 10

友達にシェアする

吉野敬介先生

吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文

単語・文法おいしいとこどり! 超頻出文章で的中間違いなし!

どんなに古文が苦手な君でも、古文大好き人間に変えてしまい、一気に合格点を取らせる連続集中講義だ! まずPART1の古文文法で「おいしいとこどり」で超出るところだけやっていく。センターの文法ならばっちりで、今まではずしたことは一度もない。そのツボをしっかりと押さえた上で、PART2以降は超頻出の文章だけを扱い、丁寧にわかりやすく、何度もくり返し問題の解き方を伝授していく! 過去の問題を分析し、研究しつくされた配列で、君の頭をバッチリ整理するぜ! 古文はもちろん、受験を勝ち抜く「やる気」が燃え上がるドラマチックで熱い講義を体験してくれ。PART4が終わった後、君は古文大好き吉野大好き人間に変身している。(必ずPART1から順に受講すること!)

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:古文アレルギーをなくして、古文を得意科目・得点源にしたい生徒