2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1260人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
商学部

no image

写真

栗田陸矢くん

東進ハイスクール武蔵境校

出身校: 武蔵高等学校(都立)

東進入学時期: 高3・6月

所属クラブ: ラグビー

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

自分にあった勉強プログラムを自分でつくれる

 僕が慶應大学商学部に合格することができたのは東進の存在があったからだと思っています。東進にはとても感謝しています。東進で良かったと思っている点は三つあります。

第一に、東進では自分にあった勉強のプログラムを自分でつくることができる点です。東進では担任や担任助手の方々のサポートを受けながら、自分が受講する講座や勉強時間のスケジュールなどを作成していきます。運動部で引退時期が遅かった僕は、そのようなシステムの東進が僕には合っていると思いました。他の塾では、授業の時間が決まっているところが多いので、僕のような活動時間が多い部活をやっている人には東進を強くお勧めしたいです。

第二に、東進にはグループ・ミーティングがあります。グループ・ミーティングでは、基本的には個人で勉強を進める東進のなかでも、周りの生徒と自分の比較で刺激をもらえたり、切磋琢磨できたりする環境になっていました。そこでは、友達やライバルをつくることができるので、孤独感を感じることなく、人との交流を持ちながら勉強を進めることが出来ました。

第三に、東進には過去の模擬試験や大学の過去問のデータが豊富にあるという点です。通常の書店では取り扱っていないような、過年度の過去問などが多くそろっているため、勉強の材料には困ることがありませんでした。過去問を遡ろうと思った時、20年を遡ることも難しいことではありませんでした。

この東進で学んだことを活かして、大学に進学しても勉強することの大切さを忘れることなく、学習の習慣を失うことのないように勉学に励みたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

モチベーションを上げるような言葉を掛けてくれた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

スケジュールをたててくれた。受講の進度を一緒に確認してくれたから。受講をやらなきゃという意識が高まった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

レベルが高い人と自分の成績を比較されるから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

部活動などとの兼ね合いがしやすいから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

切磋琢磨できる友達ができた。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

語学を学ぶことを大切にし様々な国の人とコミュニケーションをとれるようにすることで、多くの人とともに問題解決や、慈善活動などに勤めていきたいと思っています。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
簡単で気楽に単語を身に付けられる。

過去問演習講座
解説授業が充実しているから。

志望校対策特別講座
志望校に向けた講座なので、モチベーションが上がる。

Q
おすすめ講座
A.

【 慶大英語 】
勉強だけをみっちりやる授業だったから。

【 スタンダード世界史IX~XII(現代世界の成り立ち) 】
世界史をより好きになれて、モチベーションも上がったから。

【 小説読解入門 】
現代文には苦手意識があったから、文章を読むのが楽しいと思えるようになったから。

 慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 10

友達にシェアする

宗慶二先生

小説読解入門

文章に共感し、感動的に読む! 現代文学習はここから始める!

名作を心行くまで味わいながら気がつくと自分でも本が読みたくなっている90分。各講に用意された課題学習を通して感動のエネルギーをそのまま本格的な受験学習に直結。さらに講義の終わりには面白くてタメになる本を紹介する読書案内も。受験学習以前のメンタルな段階に躓きを抱える生徒に、文章を読む歓びをまっすぐ伝える授業です。言語能力はあらゆる学習の効率性を支えるカギ。楽しみながら現代文の本格的な基礎固めをします。

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:これまで活字を読むのが苦手で本を読む楽しさを知らなかった君。現代文が不得意で勉強の仕方が分からなかった君。楽しみながら受験現代文の基礎固めをしたい君