2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1243人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

駒澤大学
文学部

no image

写真

村田空也くん

東進ハイスクール立川駅北口校

出身校: 府中高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: 演劇

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

一番大事なのは毎日東進に来ること

 私が東進に入学したのは高校二年生の12月後半でした。それまでは成績もそこまで良くなかった上、大学について漠然としか考えておらず、親や兄弟に心配されたため東進に入る決意をしました。

しかし、私の将来の夢が学歴と関係なかったこと、大学でやりたいことも特に無かったことが重なり、高校三年生の6月終わりまでは勉強のモチベーションがほとんど起きませんでした。東進で映像による授業を見ているだけで理解した気になっていたり、隠れてスマホをいじったりなど、おおよそ受験生とは思えない態度でいました。もちろん、模試でも結果が出ず、周りの人になおさら心配されるばかりでした。さすがに「このままではまずい」と思い始めたため、7月から本腰を入れ始めました。

まず、基礎の確認からしっかり行い、1カ月でどの単元まで終わらせるなどの予定を立てるなど、今までの勉強習慣を改善しました。特に、夏休みは東進が毎朝行っている発音・アクセントの特訓にほぼ毎日参加し、それから東進が閉まる時間まで勉強するという、人生の中で確実に一番勉強した期間だったので非常に辛かったです。しかし、それが功を奏して8月の模試では成績が伸びたので夏休みにしっかり勉強をして良かったと実感しました。

その後は、元々私に勉強にしっかり打ち込めるほどの忍耐力が欠けていたため成績が伸び悩みましたが、諦めずに最後まで勉強し続けた結果、なんとか駒澤大学に受かることができました。それは、やはり東進の力が強かったと思います。

まず、東進は学習環境が非常に整っていました。ホーム・クラス、自習室は両方とも静かで、特にホーム・クラスは個人個人の机を分ける仕切り板が立てられていたため、自分の世界に入り込めるようになっていました。

また、それらを支えるシステムも充実していました。週一で他の東進生とコミュニケーションを取れるグループ・ミーティングや、これからの学習計画などを立てる担任との面談など、そのようなリフレッシュする時間が無かったら確実に途中で挫折していたと思います。他にも、様々な勉強ツールがあったのは助かりました。高速マスター基礎力養成講座、過去問演習講座 センター対策、大問演習、単元ジャンル別演習講座など、勉強に役に立つものばかりです。

特に単元ジャンル別演習講座では、今の自分の苦手な部分が分かったり、様々な大学の過去問に触れることでより実戦に近い演習ができたりします。苦手な部分を徹底的に鍛えることでその後の過去問演習では幅広い問題に対応することができ、非常に重宝しました。これから東進で受験勉強をする方々には、上述した東進の様々なシステム・ツールを満遍なく活用してほしいです。

そして、何より一番大事にしてほしいことは毎日東進に来ることです。たとえ、勉強のモチベーションが上がらなかった時などがあっても、必ず東進に来るよう心がけてほしいです。東進に来れば勉強をやらなくてはならない使命感が出てきます。そのような心意気を持つことが一番大事で、毎日勉強をする習慣も付きます。

私の将来の夢はミュージシャンであり、上述したように学歴は一切関係がありません。しかし、受験勉強をやり遂げたことでひとつのことに集中するという忍耐力が付き、それは必ず今後役に立つと思います。皆さんも、これから何か辛いことがあったとしても、「受験勉強をやり遂げた」という称号があればそれを乗り越えられるはずです。そのため、この先何をするにしても、受験勉強を諦めずに頑張ってほしいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

先生に第一志望校を変える相談をした時、こちらの身になって考えてくださったのが強く印象に残っています。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

先生がグループ・ミーティングでいつも盛り上げてくださったので、一年間折れずに勉強を頑張ることができました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

試験後に帰ってくる帳票に自身の苦手分野や、この時期には大体何点取ればいいのかなどの目安が書いてあるところが良かったです。それを踏まえて今後の学習計画を立てるのがオススメです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

兄が通っており、結構良い成績を取っていたからです。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

私の将来の夢はミュージシャンなので、それが独立自尊の社会にどう役立つかは正直考え難いですが、最近は日本への外国人観光客が増えてきたため、そのような方々に親切な対応ができるようにしていきたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座 センター対策
センター試験の過去問が10年分ができるのはもちろんですが、それに加えて大問別演習ができるというのが魅力的でした。これがあるおかげで10年分が終わった後でも実戦形式の演習を行うことができたので重宝しました。

実力講師陣
講師の方々が様々な方面で実績を残している方々なだけあり、授業は非常に分かりやすく、中には面白いトークなど受講生を飽きさせない工夫をする講師も多くいたため、楽しく授業を受けることができました。

東進模試
手続きも楽で、帳票は自分の苦手分野などを丁寧に分析してくれるため、これからの学習計画が立てやすかったです。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
基礎の基礎から丁寧に解説してくれるため、英語の土台となる文法力がよく身につきました。また、何より講師の今井先生が途中で挟むトークが本当に面白いため、飽きずに楽しく授業を受けることができました。

【 吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文 】
古典文法の基礎が身につくのはもちろんですが、授業の中で助動詞を何度も何度も確認するため、嫌でも助動詞の活用・意味を覚えることができます。また、講師の吉野先生が非常にユニークな方で、面白いです。

【 安河内哲也の大逆転!(激)頻出英語!総チェック 】
試験でよく出る部分が一気にまとめられているため、これを覚えることで試験の幅広い分野に対応できました。講師の安河内先生はとても情熱的な方で、グッと来るセリフを何度も言ってくるため勉強のモチベーションも上がりました。

 駒澤大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 11

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

吉野敬介先生

吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文

単語・文法おいしいとこどり! 超頻出文章で的中間違いなし!

どんなに古文が苦手な君でも、古文大好き人間に変えてしまい、一気に合格点を取らせる連続集中講義だ! まずPART1の古文文法で「おいしいとこどり」で超出るところだけやっていく。センターの文法ならばっちりで、今まではずしたことは一度もない。そのツボをしっかりと押さえた上で、PART2以降は超頻出の文章だけを扱い、丁寧にわかりやすく、何度もくり返し問題の解き方を伝授していく! 過去の問題を分析し、研究しつくされた配列で、君の頭をバッチリ整理するぜ! 古文はもちろん、受験を勝ち抜く「やる気」が燃え上がるドラマチックで熱い講義を体験してくれ。PART4が終わった後、君は古文大好き吉野大好き人間に変身している。(必ずPART1から順に受講すること!)

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:古文アレルギーをなくして、古文を得意科目・得点源にしたい生徒