2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1260人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
理工学部

no image

写真

村上隆太くん

東進ハイスクール草加校

出身校: 立教新座高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: クワイヤー 学生音楽監督

引退時期: 高2・12月

この体験記の関連キーワード

高校の授業よりも常に先を勉強して、受験勉強と高校のテストを両立した

 僕は、指定校推薦制度を使って大学に合格しました。これは主に、高校での成績が評価されるものです。定期テストの対策は周りの人よりも多くやっていたと思います。

なぜ3年間に何回もある定期テストで毎回モチベーションを保ちつつ、コツコツ勉強できたかというと、高校で学ぶすべてのことが将来的には自分の知識となり、また、役に立つと考えていたからです。しかし、僕も高校1年生の頃から指定校推薦を取れると思ってはいませんでしたし、一般受験を考えていました。そこで、大学受験勉強と高校のテスト対策をどのように両立していたか書きたいと思います。

1つ目は、高速マスター基礎力養成講座です。僕は、高校で採用していた単語帳を主に使用していましたが、高校の授業で扱うページよりも常に先を勉強していました。一通り学習できたと思ったら高速マスター基礎力養成講座でチェックして、自分の単語帳に載っていたのに忘れていた所、初めて見る単語などの仕分けをしていました。

2つ目は、受講についてです。東進の受講は基本的に自分のペースで進めることができるので、定期テスト前は受講を一時的にストップして、テスト対策に集中し、終わったら受講に集中するというサイクルを繰り返していました。また、数学については高等学校対応講座(数学)を学校の授業よりも先に終わらせ、学校の授業を復習に使っていました。

3つ目は、英語です。英語は早くから勉強して、センター試験本番レベル模試などの点数を早い段階で上げておくと学校においても、受験勉強においても、とても有利になります。おすすめは、冬期合宿でなるべく上位のクラスに行くことです。同い年で勉強を頑張っている人や、高い目標を持っている人たちから多くの刺激をもらえると思います。

自分の目的や、将来のことを常に意識しながら、今の時期にしか学ばないようなことをどんどん吸収していくことをおすすめします。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分の受験スタイルについて臨機応変に対応してくれた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

年齢が近いので、受講などの悩みについて的確に答えてくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

特に英語の点数を気にする。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

みんなで近況を報告しあうこと。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

周りの話を聞くこと。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

同い年で頑張っている人の多さに気づいた。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業は実際にその先生の授業を生で受けられたので楽しかった。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
移動時間に出来るから便利だった。

高速学習
学校の先取りができた。

実力講師陣
どの先生もわかりやすかった。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル物理 力学演習 】
物理の根本から教えてくれる。最初は理解するのが大変だったが、噛み応えがある講座だった。

【 高等学校対応 数学Ⅲ-標準- 】
数Ⅲは初心者であったが、理解しやすかった。

【 西きょうじの飛翔のための英文読解講義(応用) 】
英文を論理的に考える習慣がついた。

 慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5

友達にシェアする