2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1256人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

夏期特別招待講習申し込み受付中!

東進の夏期特別招待講習申し込み受付中!

立教大学
理学部

no image

写真

轡田優輝くん

東進衛星予備校小田急相武台前校

出身校: 座間高等学校

東進入学時期: 高2・7月

所属クラブ: ハンドボール部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

高速マスター基礎力養成講座と音読を続ける重要性

 僕が受験当日に一番大切だと思うことは、自分に対して自信をつけることだと思います。

僕は東進に入る前、学校の模試などでも全く良い点数を取ることが出来ず、志望校もあまり意識することなく過ごしていました。けれど東進に入ってからは今までの遅れを取り返せるように、受講、高速マスター基礎力養成講座、音読を毎日欠かさないようにしました。

東進に入ってからも、初めのうちは模試の点数もそこまで伸びはしませんでしたが、高速マスター基礎力養成講座などを続けていくうちに、徐々に模試の点数も上がっていき、学校の定期試験などでも良い点を取れるようになっていきました。

高速マスター基礎力養成講座と音読を毎日しっかりと続けていく習慣をつけることは特に重要だと僕は感じました。英文をただ読むのではなく、しっかりと目的を意識しながら読むことを意識していきました。

数学や物理などの科目は、早いうちに基礎をしっかりと固め、他の人たちよりも多くの演習をすることで、計算のスピードが速くなり、自分の計算力に対して自信がつくと思います。

学校の部活、体育祭や文化祭などの行事で、受験勉強との両立はとても大変だとは思いますが、早いうちから頑張ることでリードが大きくなり、後の受験勉強で絶対に有利になることができます。これからの勉強もつらくはなると思いますが、決して怠ることなく、自分の第一志望合格に向けてがんばってください!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

やる気を引き出してくれること

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

やる気を引き出してくれること

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

有名大本番レベル記述模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

記述試験の対策ができるから

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

周りの友達が東進に通っていて、評判が良かったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

気持ちをリフレッシュすることができること

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

やり切ったときの達成感

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

合格者説明会 受験生の生の声を聞くことができたから

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

合格したときのことを考えてみる

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

教員になりやすいから

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

今までの自分を超えていくもの

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

数学の教員になり、数学を楽しく思えるような授業をする

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
短期間で単語などを学ぶことができるから

実力講師陣
とても分かりやすかったから

高速学習
早期に基礎を固められるから

Q
おすすめ講座
A.

【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(応用) 】
志田先生の説明が分かりやすかったから

【 入試直前まとめ講座 物理のまとめ 】
物理の勉強を全体を通してみることができたから

【 高等学校対応 数学Ⅱ-標準- 】
大吉先生の説明が分かりやすかったから

 立教大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 0

夏期特別招待講習申し込み受付中!

東進の夏期特別招待講習申し込み受付中!

友達にシェアする

高等学校対応 数学Ⅱ-標準-

高校の教科書を徹底理解。先取り学習で入試準備に力を発揮します

数学Ⅱの教科書の完全理解を目標に、単元・項目別に基礎事項を丁寧に解説し、演習により徹底的にマスターします。

90分×24回+講座修了判定テスト6回

対象:学校の数学Ⅱの教科書の節末問題までのレベルを完全マスターしたい生徒