2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1260人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
経済学部

no image

写真

斎藤新くん

東進ハイスクール千歳烏山校

出身校: 宝仙学園高等学校

東進入学時期: 中3・1月

所属クラブ: 陸上競技部

この体験記の関連キーワード

東進に通えて良かったです

 中高一貫校に通っていたので中学時代は部活を言い訳に勉強は一切せず、さすがに大学どころか高校も危ういと思って高1のとき通い始めたのが東進でした。もちろん通い始めの一ヶ月ぐらいは頑張ってましたが、その後は酷いときで週1ということもありました。こんな感じで東進に通っていた私を変えたのは、自分についてくれていた担任助手さんが辞めてしまうという事態でした。毎週のようにスケジュールを変更していた自分に対しても常にエールを送ってくれていた人だったので辞めると聞いたとき、正直かなりショックでした。それと同時に恩返しではないですが、絶対誰もが知っている大学に受かってやると決心しました。

決心してから夏までの2,3ヶ月はひたすら英国の基礎を固めてました。英語で言ったら単語、熟語、国語なら漢字、古典単語、漢文の句形などです。
夏休みはセンター対策と言いたいところですが、ここで自分の悪い癖が出てしまいセンターをサボり、好きだった世界史に大半の時間を費やしてました。そんななか東進ならではの過去問演習会と呼ばれ、実際に大学の過去問を解いてみる会に参加し、初めて後の第一志望となる慶應義塾大学の経済の過去問(英語)に触れました。かなり難しかったのは確かですが、吉野先生の言う宇宙語という感覚ではなく、辛うじて内容は掴めました。そこから自分は、たまたま読めたという理由から第一志望をそこに決め、真剣に合格までに何が必要か考えスケジュールを立てました。すぐにサボってしまう自分がスケジュールを立て、それを実行できたのはかなり甘めに設定していたからです。甘めといっても『うさぎとかめ』のかめのようなもので、遅くとも持続させることで、速いが少しでも休んだうさぎを最終的に追い抜くことができるのです。

夏以降はセンター直前までコツコツやっていただけなので省きますが、ひとつだけその期間に急激に伸びた教科を紹介するとすれば『古典』でした。自分なりに計画して全く伸びなかったのがこの『古典』であり、特に早稲田、マーチの問題になると眺めることしか出来ませんでした。けれども、吉野先生の『早大古文』という早稲田の古典のみ集め、それを先生なりに分析した講座を受けると面白いぐらい読めるようになって早稲田の国語において得点稼ぎの教科となったほどです。

最後にセンターとその後の私大入試について書きます。センターでは受験がすべて終わった今でもトラウマですが結果は散々でした。得意源と思った古典もイマイチ、現代文、漢文は更にひどかったです。お陰でセンター利用は全落ちと、私大入試組にとっては最悪のシチュエーションでした。心は完全に折れていましたが東進のスタッフさんの励ましもあり、本番の一般入試まで頑張り、最後は無事第一志望に受かることが出来ました。

まとめると、もちろん自分で計画を立てそれを実行するのも良いことですが、それだけでは合格は無理だったと私は考えます。それは、その計画のベクトルがずれているとき、または失敗したときにフォローしてくれるひとがいないと永遠に合格に必要な学力に到達しないからです。そういう意味で東進のような、いつもアドバイスしてくれたりするスタッフさんが揃っている場に通えて良かったと思ってます。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

どんなに成績が悪くてもポジテイブに、前向きにしてくれること。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

年が近くて話しやすかったこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

勉強の合間の休憩。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
10年分の過去問、それの解説授業がついていて その上何周もできる。

確認テスト
SSが取れなかったときに、授業の受け方が間違っていたと理解できるから。

公開授業
本物の講師にあえて、テンションが上がったから。

Q
おすすめ講座
A.

【 吉野敬介の早大古文スペシャル 】
早稲田の古文の全てをこのひとつでカバーできるから。

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】


 慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 105

友達にシェアする

吉野敬介先生

吉野敬介の早大古文スペシャル

東進ハイスクール発大隈講堂経由早稲田大学行き。途中吉野の早大古文スペシャルに停車します

≪じっくり煮込んで解こう編…平安~江戸の作品プラス漢文も≫≪現古融合六連発編≫≪速読速解…なんか自分では読まない・読めそうもない文章≫の三部構成で授業を進める。早大合格の決め手になる読解法・解答法を伝授⇒①全体の大意・流れをつかむ②人物関係(特に主語)つねに誰のセリフか・誰の心中か・誰が何をしているのかを押さえる③省略された主語・目的語をさがす。①②③を徹底的に強化することにより⇒正確な現代語訳(直訳→意訳)・文中に根拠ありの前後策・同じ表現を見抜く⇒速読速解につなげていく。デザートに≪一発必中盲点強化合宿-早大編≫⇒文法・ハイレベル単語問題・解釈・前後関係・敬語・和歌修辞・常識⇒すべて早稲田の過去問を徹底分析。驚異の158ページ148問。すべて解答法・解答付き⇒あの八年連続的中させた伝説の超人気講座が今、東進で復活!!

90分×10回+講座修了判定テスト1回

対象:早稲田・早稲田・早稲田・早稲田・早稲田何がなんでも早稲田という生徒対象

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒