2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1244人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

同志社大学
経済学部

no image

写真

杉山沙弥さん

東進ハイスクール静岡校

出身校: 静岡サレジオ高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: 弓道部 副部長

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

勉強と部活をバランスよく両立させることができた

 私は高校2年生の3月に東進に入学しました。そのころはまだ部活動をしていて、なかなか東進に来られないこともありました。しかし、グループ・ミーティングによって、最低でも週に1度は東進に来るという習慣がつき、勉強と部活をバランスよく両立させることができました。だから、部活をやっている人でも計画的に取り組むことができると思います。また、グループ・ミーティングには、年の近い担任助手の先生方の体験談やそれに基づいたアドバイスを聞くことができたり、同級生たちと励ましあいながら模試や普段の勉強に取り組むことができたりするというメリットもあります。

講座について、私は古文の講座をとりました。古文は好きでしたが、点数に結びついていなかったからです。最終的には、内容をしっかりつかんで文章を読むことができるようになり、古文に対する苦手意識がなくなりました。

さらに東進では、2種類の模試が交互に毎月行なわれます。志望校に対する自分のその時点でのレベルを毎月知ることができたので、自分の苦手はもちろん、学力の向上も感じることができ、とても役に立ちました。私は学校の友達と一緒に通っていたので、息抜きとして、話しながらお昼やおやつを一緒に食べたことも東進での思い出です。

今後は、具体的な夢などは決まっていませんが、身についた勉強習慣をいかして、大学で多くのことを吸収し、幅広く学べることを楽しみにしています。また、自分の学んできたことをいかして、何か社会に貢献できたら、と思います。みなさんも東進をうまく活用して、先生方や友達と一緒に頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試の結果を元に、どこを強化していくべきなのか、理解できた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

体験談や、それに基づいたアドバイスをもらえたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

有名大本番レベル記述模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

志望大学に対する、自分のレベルがわかる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

予備校の中での知名度や実績、通いやすい立地

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

模試のあとのグループ・ミーティングで、みんなで答えあわせをしたこと。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

勉強と部活を両立していてもともといそがしかったので、部活を引退してから、自分の勉強などに使える時間が増え、苦ではなかった。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

招待講習で雰囲気がわかった

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

とにかく東進に来て、やらなければいけない状況にした。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

あこがれていた大学であり、そこで学びたいと思ったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分がこれだけやれる、ということを知ることができた。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

今まで学んできたこと、大学で学ぶことをいかして、国内外の人に日本のよさをもっと知ってほしい。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
毎月、自分の学力を確認できる。

過去問演習講座
10年分を解くことができ、講師による解説もついていて、力をつけることができた。

担任指導
担任の先生との面談などを通して、自分に必要なことがわかった。

Q
おすすめ講座
A.

【 吉野敬介の的中パワーアップ古文(標準編) 】
古文は好きだったが、なかなか点数が取れなかった。でも、講座で何度も文章を読むうちに、苦手意識がなくなり、きちんと内容をつかめるようになった。

 同志社大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1

友達にシェアする

吉野敬介先生

吉野敬介の的中パワーアップ古文(標準編)

的中パワーアップ古文(標準編)のスタートだ。今までにない新編集のテキストで古文を君のものに!

PART1からPART4で、早稲田・上智・立教・明治・青学・中央・法政・同志社・立命館・関西学院・関西そして当然、国公立の問題もたくさん扱う。「何をどう書けばいいのか」ー記述対策も徹底指導。単語・文法・文学史は当たり前。プラス敬語・常識・和歌修辞と、いたれりつくせりのグルメフルコース。さらに各大学の代表的な設問のパターンを徹底分析したスペシャルテキストを用意したので、来年の的中は当然、設問のパターンまでまったく同じ。そして取り扱う文章は、講座名と同じように的中する超頻出文章だけを使用する。

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:レベルは問わない。ただ古文を一番得意科目にして極められたらいいなあと思っている生徒ではなく、古文を極めて武器にしてやるんだという生徒が対象。