2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1243人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

名古屋市立大学
人文社会学部

no image

写真

伊藤緋奈子さん

東進衛星予備校瀬戸市駅校

出身校: 旭野高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: 女子ハンドボール部 マネージャー

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

自分のレベルに合わせて勉強が出来た

 私は高校3年の春休みに通い始め、苦手科目の数学と伸ばしたい英語の授業を受けました。入った当初はまだ部活動をやっていたので毎日は校舎へ来ていませんでしたが、引退と同時に気持ちを切り替え毎日通うようにしました。そして、登校時間や隙間の時間を使って高速マスター基礎力養成講座をどんどん進め、基礎を固めました。

東進に入って良かったことは自分のレベルに合わせて勉強が出来たことです。たくさんある講座の中で校舎長や担任助手の先生にアドバイスをもらいながら自分に合った講座が受けられました。東進に入る前は受験勉強は何をやればよいのかわかっていなかったのですが、東進に入り、講座を受けるうちに自分に何が足りなくて、何を伸ばしていけばいいのかがはっきりしました。そのおかげで効率よく勉強が進みました。

また、私は自分の家で勉強が捗らないので、毎日なるべく開校時間から校舎にきて勉強していました。校舎は静かで勉強がしやすく、周りのみんなもしっかり勉強しているという環境が自分にとっていい刺激でした。

東進の講座の中で一番良かったのは過去問演習講座です。センター試験も志望校の試験も10年分きっちりやれたのはとてもよかったです。なかなか10年分となると自分では手に入れにくいので助かりました。この講座が第一志望合格に一番役立ったと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任の先生との面談で毎回その時点での成績について話し、次の目標を決め、いつも合格へのサポートをしていただきました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

毎回の模試で自分の成績や伸びを知れるので、一つの目標とすると良いと思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

東進の体験授業を受け、わかりやすく、制度も自分に合ってると思ったからです。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングは1週間に1度同じ受験生の仲間と話すことができて、いい気分転換でした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

私は将来英語に関わる仕事か旅行に関わる仕事をしたいと思っています。そのために大学で語学力を身につけるのはもちろん、世界のさまざまな文化に触れ、世界の国々への理解を深めたいと思っています。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
少しの時間でも基礎を確認でき、常にやることで基礎を忘れず、とても役に立ちました。

過去問演習講座
10年分やりきると達成感もありましたし、力がついたと感じました。

特別招待講習
招待講習をうけて東進に入ろうと思ったので、塾を迷っている人は一度受けてみてください。

Q
おすすめ講座
A.

【 入試対策:センター試験対策現代文(90%突破) 】
林修先生のわかりやすい授業でセンター現代文の解き方がわかりました。今まで自分が解いていた方法をまったく変え、安定して高得点を取れるようになりました。また、現代文の問題に対しても考えが変わりました。

【 今井宏のA組・英語上級パワー養成教室 】
今井先生の楽しい授業を受けながら英語の力をしっかり上げることができました。笑ってしまうのをこらえるほど面白い場面もありつつ、大切なことは身につけられる授業です。

【 入試直前まとめ講座 日本史Bのまとめ 】
センター前に日本史の範囲全体を復習することができ、自分の忘れかけているところを見つけ、効率よく日本史を勉強できます。また、テキストの後ろに要点をまとめたところがあって、見やすく、とても役に立ちます。

 名古屋市立大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 6

友達にシェアする

出口汪先生

入試対策:センター試験対策現代文(90%突破)

一貫した読解法でセンター現代文を攻略

「そこそこの点は取れても、高得点は取りにくい」センター現代文ですが、一貫した論理的読解法を身につければ、高得点は「取れて当たり前」であることを、本講座では実感してもらいます。本講座に取り組むことは、センターのみならず、二次・私大対策にも大きな相乗効果をもたらすことは間違いありません。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関大を目指して、センター現代文で「絶対に高得点を取らねばならない」生徒