2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1442人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

明治大学
経営学部

no image

写真

田中菜乃香さん

東進ハイスクール新松戸校

出身校: 小金高等学校

東進入学時期: 高2・6月

所属クラブ: ダンス部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

自己分析をしましょう!

 受験生活の中で私が最も重要だと感じたことは 自己分析力です。この力は 受験だけでなく大学、社会へ出てからも自分を客観的に見ることができる力として必要とされるものだと考えています。

私が行った具体的な自己分析の仕方としては、
①国語:苦手だった科目なのでできるだけ得点がとれる方法を見つけます。大問別演習を5年分ほど解いて現代文、小説、古文、漢文の中で短時間かつ点数もよく取れる漢文を一番最初にとき、現代文、小説を解いたあとに あまり点数が安定していない古文を最後にもってくることで時間切れで大きく点数を落とす可能性がないように自分の得意不得意を分析し、解く順番を工夫します。その後で さらに多くの問題を解いてみることで パターン化されている問題の解き方を分析するという流れで進めていきます。
②英語:どの大問にどれくらいの時間をかけられるかを考えましょう。時間をかけすぎてしまう大問について、問題と本文を何度も行き来しているから効率が悪いのかそれともそもそも本文の速読ができていないのか 自分なりに原因を分析し、 効率が悪いからだと考えたなら 問題文に出てきた単語に注目して本文を読むなど 対策を立てます。
③世界史:私が最も自己分析をした科目で、どのような問題で点数を落としやすいか分析することが大切です。年号に関連する問題が苦手だったので、わかりやすいゴロを作ったり、自分に足りない部分だと認識した部分をもう一周その分野の映像授業を受け直して理解し直したり、常に自分に足りない部分を見つけては補っての繰り返しをしていきます。

このように私は自己分析を中心とした受験勉強法を行ってきました。今自分に足りていないことが何かわかると、今日は何をすべきか、明日は何をすべきか、今週のうちに終わらせることはなにか 今月、次の模試まで、試験当日まで、というように合格までに自分に必要なものがわかるので、何の勉強をすべきかわからないというような日もなくなります。
ここまで具体的な勉強法として自己分析を推してきましたが 精神面としては自信をつけることが一番大事なので、より多くの問題を解いて自信に繋げていけば本番に緊張しすぎることもなく実力を十分に発揮できると思います。質も大事ですが自信がつくくらい多くの問題をこなしてみて欲しいです。
最後の瞬間まで頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
バイト中や部活が不定期な子でも自分の好きな時に授業を受けられるからです。

過去問演習講座
センターの過去問だけでなく過去の模試で出た問題も解けることは 問題の数をこなしたい人にとってとてもありがたいと思います。

高速マスター講座
ちょっとしたお出かけの時に英単語や文法のテキストを持ち歩けなくてもアプリをいれておけばどこでも学習できるからです。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】


【 ハイレベル世界史Ⅰ~Ⅳ 東洋史編(中国・アジア地域) 】


 明治大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒