"; echo "body{background:url(http://www.toshin.com/books/image/HeaderTopBg.png) repeat-x;}"; echo "#GlobalMenu{margin-bottom:20px;}"; echo ""; //バッファ開始からここまでにバッファされたものを$out1に代入する。 $out1 = ob_get_contents(); //バッファを終了。 ob_end_clean(); //$out1をUTF-8からSJISに変換する。 $out1 = mb_convert_encoding($out1, "SJIS", "UTF-8"); //$out1を出力する。 echo $out1; ?>

« 「個性」を活かして高倍率を突破! | メイン | 2011/09/02 更新情報「新刊案内」 »

2011/8/31 お詫びと訂正

『【完全版】英文法・語法 問題集 Master1000』
に誤りがございました。該当個所は以下の通りです。

【第6版以前】
解答・解説編P42 問題通し番号97 整理ファイル
「「思い出す」 remember<recollect<recallはこの順に、より意識的に思い出す」
とありますが、正しい順序はremember<recall<recollectです。

【第5版以前】
解答・解説編P259 問題通し番号688
□The woman , ( who we believed was φ in her thirties ) , had three grandchildren.
のφの位置は、wasの後ではなくwasの前へ。

解答・解説編P267 問題通し番号709
Science is based on very careful observations; wherever possible, these observations must be measured.
の訳は「可能な場合はいつでも」ではなく次ページの解説にある通り、「可能ならどこでも」です。

解答・解説編P292 問題通し番号776
タイトルに「冠詞 定冠詞(a/an)と不定冠詞(the)」とありますが、
(a/an)が不定冠詞で、(the)が定冠詞です。

誤った表記を致しましたことを、深くお詫びし、訂正致します。
ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。