"; echo "body{background:url(http://www.toshin.com/books/image/HeaderTopBg.png) repeat-x;}"; echo "#GlobalMenu{margin-bottom:20px;}"; echo ""; //バッファ開始からここまでにバッファされたものを$out1に代入する。 $out1 = ob_get_contents(); //バッファを終了。 ob_end_clean(); //$out1をUTF-8からSJISに変換する。 $out1 = mb_convert_encoding($out1, "SJIS", "UTF-8"); //$out1を出力する。 echo $out1; ?>

« 名人の授業シリーズ 橋元の物理をはじめからていねいに【改訂版】力学編 | メイン | Coreシリーズ 英文法の核 »

名人の演習シリーズ センター数学II・B 分野別問題集 改訂版





河合正人 【著】

【出版社】東進ブックス
【ISBN】9784890856749
【定価】本体1200円+税
【頁数】524
【判型】A5判
Amazon_logo.gif


message.gif

はじめに

 本書は,2012年度まで発売されていた『2013 センター試験過去問演習 数学II・B』(東進ブックス)を大幅に改訂・編集したもので,「数学II・B」の全分野を網羅した「新(現行)課程」用の問題集です。問題集にするにあたり,全20回の演習を分野別にまとめました。出題の可能性のある分野はセンター試験本番に即した分量と形式にし,全てを掲載しました。例えば,数学Bの「確率分布と統計的な推測」も2015年度と2016年度(一部)のセンター試験を盛り込んでいます。この一冊を解き込めば,センター試験の「数学II・B」にかなりの自信をもって臨むことができるでしょう。
 本書について改めて自信をもって言い切れることは,これから「新(現行)課程」のセンター試験を受ける皆さんにとって,一切の弊害を取り除いた,「全て」が使える分野別問題集になったことです。扱われる素材や設問自体の流れ,空所の形にいたるまで,限りなく新(現行)課程のセンター試験本番に近い問題集になりました。
 センター試験の問題には,ストーリーがあります。大問単位で何段階にも積み重ねられた長い文章で構成される,いわば長編ストーリーです。そのため,問題全体の流れを読むことが重要です。
続きはこちら>>



センター試験の過去問を現行課程にアレンジ!

【本書の特長】
(1)センター試験の過去問を、現行課程に改題。そのため、実際に出題されたセンター試験の問題で現行課程の演習が可能です。

(2)数学II・Bの分野ごとに各20題を掲載。得意分野を伸ばすも良し、苦手分野を徹底演習するも良し!

(3)巻末付録にて、新たに現行課程に加わった「確率分布と統計的な推測」の問題を収録。


【目次】
はじめに
Part1  指数関数・対数関
Part2  三角関数
Part3  図形と方程式
Part4  微分法・積分法
Part5  数列
Part6  ベクトル
付録1  確率分布と統計的な推測
付録2  定理・公式チェックリスト